ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

おでこのニキビの原因と予防

おでこや鼻、頬といった、顔の上の部位にできるニキビ。
これらは、特に思春期にできやすいニキビです。

思春期のニキビの大きな原因は、成長期に男性ホルモンの旺盛な分泌によって皮脂が増え、それが毛穴に詰まってしまうことです。
髪の毛がおでこにかかっていることで物理的に刺激されたり、シャンプーやリンスが付着することで肌が傷んでしまうこともニキビの発生を招きます。

おでこ、鼻、頬は、ニキビがとても目立ちやすい部位。
こまめな対策でニキビの発生を未然に防ぎたいものです。

おでこ・鼻・頬のニキビの原因

おでこや鼻、頬のニキビの対策には、その原因を知り、肌をケアすることが大切です。

思春期のおでこニキビはホルモンバランスの乱れが引き金となります。
大人になってもおでこにニキビができるときは、髪の毛による刺激が原因となっているかもしれません。

思春期のおでこのニキビは男性ホルモンが原因

思春期に発生しやすいおでこのニキビ。
10代のおでこのニキビは、性別に関係なく、男性ホルモンの分泌が増えることが主な原因です。

男性ホルモンが増えると、毛穴からの皮脂の分泌が活発になります。
通常は肌の代謝によって皮脂が排出されていきますが、分泌が増えすぎると、排出が追いつかずに毛穴が詰まって、ニキビを引き起こすアクネ菌が増殖してしまうのです。

そのまま放置していると、赤く炎症する赤ニキビや、膿みがたまる黄ニキビまで進行してしまいます。
さらに、思春期のニキビは跡が残りやすく、放置していた場合、ニキビが治った後も、穴のように跡が残ってしまう可能性があります。

鼻のニキビの原因

おでことおなじ理由で、思春期は鼻のニキビも発生しやすい時期です。

おでこと同じように、鼻のニキビも皮脂の過剰分泌が原因です。

鼻は普段から皮脂が多く分泌されている部位です。
そのため、ホルモンバランスが原因で皮脂がさらに増えたときに、ニキビがすぐに発生してしまうのです。

頬のニキビの原因

頬は面積が広いため、ニキビがとても目立ちやすい部位です。
思春期には頬の毛穴からも皮脂が多く分泌されるため、ニキビが発生しやすくなります。

炎症を起こしやすい部位のため、放置すると赤ニキビや黄ニキビまで進行しやすく、治っても跡が残ることがあります。

大人のおでこニキビの原因

おでこのニキビは思春期に多い肌のトラブルですが、20歳を過ぎた大人でも発生することがあります。

大人の方におでこのニキビが発生した場合、ホルモンバランス以外にもさまざまな原因が考えられます。

主な要因は、髪の毛が触れることによる刺激と、シャンプーやリンスなどの付着です。

前髪がおでこにかかっていると、常に肌が物理的に刺激されている状態となります。
髪の毛に付着している汚れや油分も、おでこの肌を刺激する原因になります。
また、髪の毛に洗い残しがある場合、シャンプーやリンスの成分も肌を刺激してしまいますので、しっかりと洗い流しましょう。

髪の毛は思春期ニキビにも影響

大人のおでこニキビの原因となる髪の毛の刺激は、思春期ニキビでも同様に原因となる場合があります。

ホルモンバランスの崩れによって思春期ニキビが発生してしまい、さらに髪の毛からも刺激を受けることは、二重の原因でニキビを進行させてしまうことになりかねません。

おでこや頬のニキビを隠そうとして前髪がかかるようなヘアスタイルにすると、かえって肌に刺激を与えてしまいます。

思春期ニキビが生じやすいときは、髪型を工夫するなどの対策を行うことが重要です。

おでこニキビの予防方法

それでは、おでこのニキビや鼻、頬のニキビを予防するためには、どんなことに気をつけることが必要なのでしょうか。

まず大切なことは日々のこまめかつ丁寧な洗顔です。
皮脂を洗い流し、おでこ・鼻・頬を清潔に保ちましょう。
また、髪型を工夫することで、必要以上に皮膚を刺激しないことも効果があります。

洗顔で皮脂を洗い流す

どの部位のニキビでもまず大切になるのがスキンケア。
おでこのニキビや鼻ニキビ、頬のニキビを予防するために、洗顔で皮膚を衛生的に保つことを心掛けましょう。

洗顔料を使って、毛穴に詰まった過剰に分泌された皮脂、肌の汚れ、角質を洗い流すことで、肌を健康に保つことが可能です。
肌を刺激しないように、ゴシゴシこするのではなく、優しくなでるように洗いましょう。
洗顔料の成分が残らないよう、すすぎも念入りに行いましょう。

洗顔の後はしっかり保湿

皮脂を洗い流した後は、しっかりと保湿することも大切です。

洗ったばかりの肌は、保護するものがない、とても敏感な状態です。
クリームを塗るなど保湿によって肌を刺激から守ることで、ニキビの発生を予防することが可能です。

髪型を工夫しておでこニキビ対策

おでこのニキビや頬のニキビの原因となる、髪の毛による刺激。

髪の毛による刺激を減らすためには、髪型を工夫することが大切です。

おでこのニキビの対策として理想的なのは、前髪をアップにすること。

ただし、ニキビが生じている場合、おでこが見える髪型には抵抗があるかもしれません。
そのようなときは髪の毛をヘアピンで留めて、横に流すだけでも効果があります。

髪の毛で頬のニキビを隠そうとすることもおすすめできません。
頬が髪の毛で刺激されないように、髪の毛を後ろに流したり、ショートヘアにすると刺激を抑えることが可能です。

シャンプーやリンスはしっかり洗い流す

肌への刺激を少なくするために、髪の毛を洗った後に、シャンプーやリンスをしっかりと洗い流すよう心掛けましょう。
シャンプーやリンスの成分が肌を刺激するとニキビにつながってしまうため、それらを洗い流し、肌に残さないようにすることが、ニキビの予防となります。

ニキビの対策となるだけでなく、髪の毛のケアにもつながるため、肌と髪の両方を美しく保つことにもつながります。

生活環境にも気をつけて

食事や生活習慣が整っていないと、さらにニキビが発生しやすくなってしまいます。

寝不足やストレスは肌の健康の大敵。
体をゆっくり休めることで、おでこニキビの発生・進行を抑えることが可能です。

また、皮脂の分泌を促進する肉類や乳製品の摂取を控えることも、ニキビの予防に効果的です。

ニキビコラム一覧