ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

口元のニキビの原因と予防

20歳以降に発症が増加するのが、口元や顎のニキビです。

口元や顎のニキビの大きな原因となるのが、ストレスや食生活、睡眠不足といった生活習慣。
また、雑菌のついた手などで肌に触れたり、刺激を与えてしまうと、ニキビの発生を招いてしまいます。

さらに、口元・顎のニキビを放置していると、白ニキビ、黒ニキビから赤ニキビ、黄ニキビへと進行してしまいます。
生活習慣を整え、肌をケアして予防することが大切です。

口元・顎のニキビの原因

口元や顎のニキビは、特に大人になってから発生することが多い肌のトラブルです。

ニキビの原因は、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、アクネ菌が増殖すること。
生活習慣やストレスが引き金となり、皮脂の分泌が増え、肌の健康状態や衛生状態が後押しすることで口元・顎のニキビが生じるのです。

そのまま放置していると、白ニキビ、黒ニキビから、炎症が発生している赤ニキビ、化膿している黄ニキビへ進行することも考えられます。
原因を知り、その原因に応じた対策をとることが、口元や顎のニキビの予防には重要です。

口元のニキビの原因

口元にできるニキビの大きな原因は食生活です。
特に胃腸が弱っている場合、口の周りにニキビが発生しやすくなります。

食べ過ぎてしまったり、脂っぽい食べ物を摂取することで、消化器官に負担がかかり、なかでも特に胃腸が弱ってしまいます。
口元のニキビは暴飲暴食や偏食のバロメーター。
さまざまなニキビのなかでも、特に食生活の乱れが現れやすい部位だといえるでしょう。

顎のニキビの原因

顎の周りも大人ニキビができやすい部位です。

顎の周りのニキビは、ホルモンバランスの崩れが大きな要因になります。

男性の場合は髭が生える部位であることからも分かるとおり、顎はもともと男性ホルモンが影響しやすい部位です。
女性の場合でも、ホルモンバランスが崩れた場合、顎のニキビという形で体調の乱れが現れます。

睡眠不足やストレスも原因

口元や顎のニキビは、睡眠不足などの悪い生活習慣や環境によるストレスも原因になります。

睡眠不足もストレスも、体内のホルモンバランスを乱す大きな要因。
ホルモンバランスの乱れにより皮脂の分泌が増え、ニキビの発生につながります。

またストレスは肌の免疫力にも影響するため、炎症を起こしやすくなり、赤ニキビや黄ニキビまで進行する原因にもなります。

物理的刺激

肌を触って刺激を与えることも、ニキビが生じる原因となります。

特に顎のニキビには注意が必要です。
頬杖をつくなどの行動で顎の肌に刺激が常に与えられていると、肌が乾燥したり敏感になっている場合、ニキビが生じやすくなります。

また、ニキビが生じ始めたときに、気になって触ってしまうことも、ニキビを進行させる原因となります。

口元・顎のニキビの予防方法

それでは、口元や顎に生じるニキビは、どのように予防し、ケアすればよいのでしょうか。

どのような部位のニキビでも、最も大切なのはスキンケアです。
また、睡眠不足を解消したり、食生活に気をつけるなどの体調管理も重要です。

口元・顎のニキビはスキンケアで予防

ニキビを予防するために大切なのが、日々のスキンケアです。

洗顔料を使ってしっかりクレンジングすることで、余分な皮脂を洗い流し、ニキビの発生を防止しましょう。

洗顔するときは、皮膚に余計な刺激を与えないため、力を入れて洗いすぎないように気をつけましょう。
洗った後は念入りにすすぐことも大切です。

また、ただ単に洗うだけではなく、洗顔後の保湿にも気を配りましょう。
適度なうるおいは、肌を健康に保つ秘訣です。
肌の調子を良好に保つことで、ニキビの発生を予防し、もしニキビが生じてしまった場合でも、赤ニキビ・黄ニキビへの進行を抑えることが可能です。

大人ニキビは皮脂の洗い流しすぎにも注意

ニキビの原因は皮脂の過剰分泌ですが、思春期ニキビと大人ニキビでは、対策方法が異なります。

大人になると皮脂の分泌量が思春期よりも減少します。
本来、皮脂は肌の表面をコーティングして、刺激から守ってくれるためのもの。
もし洗い流しすぎてしまうと、かえって肌の調子を悪くしてしまう可能性があるのです。

そこで効果的なのが、皮脂や汚れを洗い流すと同時に肌にうるおいを与え、調子を整えることができる洗顔料を使うこと。
保湿機能を持つ天然の植物成分が含まれる洗顔料を使うことで、余分な皮脂の洗い流しとスキンケアを同時に行い、肌を健康に保つことが可能です。

睡眠不足や食べ過ぎに注意

大人に多い口元や顎のニキビは、生活習慣も大きく影響します。

特に口元のニキビは、胃腸が弱るとすぐに現れてしまいます。

もし口元にニキビができやすくなった場合、脂質が多い食物を避ける、食べ過ぎに注意する、バランスよく食べるなど、食生活に気を配ることをおすすめします。

また、食事にぜひ取り入れたいのが、ビタミンB群を含んだ食品。
ビタミンBは、レバー、納豆、卵、きのこ、大豆などに多く含まれています。
これらの食べ物を摂取することで、皮脂の分泌を抑え、肌の新陳代謝を促進することが可能です。

また、睡眠不足やストレスもニキビの大きな要因です。
体に疲れが溜まっていると感じたら、休む時間を十分に確保するようにしましょう。

ニキビコラム一覧