ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

ニキビ跡って消せる?

ニキビは、皮脂の詰まりによって生じます。
炎症が起きている赤ニキビや、化膿した黄ニキビになると、った後もニキビ跡が残ってしまう場合があります。

ニキビ跡は、赤みがかかってしまったり、色素沈着が起こったり、クレーター状になったりなど、段階によって異なります。ニキビ跡はとても目立ってしまうため、肌をケアして美肌を取り戻すことが大切です。
ニキビ跡の赤みを抑えるためのケアには、どんな方法があるのでしょうか。

ニキビ跡の種類

ニキビの跡は段階によって異なります。
軽い段階では肌が赤みがかり、炎症が進むと、色素沈着が起こったり、肌にクレーター状の跡が残る場合があります。

肌の赤み

ニキビが炎症を起こすと、肌に赤みがかった跡が残る場合があります。
肌の赤みの原因は、ニキビの跡に毛細血管が増えるため。
人間の肌は、ニキビの炎症を修復しようと、その部分に毛細血管を作ります。すると血管の量が多くなり、血液の色素(ヘモグロビン)が強くなることで、ニキビの跡が赤みがかって見えるようになるのです。また、ニキビ跡は他の部分よりも肌が薄くなっているため、そのことも赤みがかって見える原因となります。

色素沈着

ニキビ跡のシミはメラニン色素が原因だと言われています。
紫外線による日焼けの原因として知られるメラニン色素ですが、本来は、人間の肌の免疫力を高める機能を持っており、ニキビが炎症を起こすと、肌を修復するためにメラニン色素が多く生成されます。本来は自然に排出されるメラニン色素ですが、ニキビが治ったばかりの肌は、古くなった細胞が剥がれて排出する機能(ターンオーバー)がスムースに働かないため、色素沈着を起こしてしまう場合があるのです。
また、炎症が重度の場合には、このメラニン色素が真皮層まで入り込んでしまい、なかなか消えない色素沈着となってしまいます。

クレーター状の跡

ニキビの症状が軽いうちは、洗顔などのスキンケアを行うことで改善することが可能です。しかし、そのまま放置しておくと、肌の表面から、内部にある真皮層までニキビの炎症が及んでしまう可能性があります。
ニキビが発生すると、人間の肌は、肌を回復させるためにコラーゲンを大量に分泌します。ところが、炎症が真皮層まで及んでいると、周囲の細胞とは異なる成分のコラーゲンで肌が修復されてしまい、均一な肌の再生が難しくなり、クレーター状に跡が残ってしまうのです。
さらに、クレーター状に残った箇所には、メラニン色素による色素沈着も生じます。
アクネ菌を殺すために、ニキビが生じた箇所には活性酸素が大量に送り込まれ、メラニン色素を生成するメラノサイトの働きが活発となり、ニキビ跡に色素沈着を引き起こしてしまうのです。

ニキビ跡を目立たなくするためのケア方法 

それでは、ニキビ跡を目立たなくするためにはどのようなケアを行えばよいのでしょうか?

目立つニキビ跡を残さないためには、早めのケアが重要です。
赤みがかっているだけの初期のニキビ跡であれば、スキンケアを行い、食生活や生活リズムを整えて、肌のターンオーバーを促進することで、跡を目立たなくすることができます。

色素沈着が起きていたり、クレーター状になっているニキビ跡も、新陳代謝を高め、肌のターンオーバーを促すことで、ニキビ跡が目立たなくなる可能性があります。それでも跡が目立ってしまう場合は、ケミカルピーリングなどの治療法もありますが、クレーターの大きさや深さによって治療方法が異なるので、皮膚科の医師に相談し、自分のニキビ跡や肌質に合った治療を選ぶとよいでしょう。

肌の健康を整えターンオーバーを促進

ニキビ跡ケアに大切なのが、肌の健康状態です。
ニキビが治ったのに、赤みがかかった跡が残ってしまう理由は、肌が完全に回復しきっていないためです。そこで、肌の健康を整え、古くなった皮膚が排出されるターンオーバーを促進することで、ニキビの跡を目立たなくすることができます。
また、ニキビ跡を目立たなくするための前提となるのが、念入りなスキンケアです。洗顔と保湿で肌の調子を整えることは、ニキビ跡ケアにも、新しいニキビの発生を防ぐためにも有効です。

そして、食生活も肌の健康と直結しています。
美しい肌を作るためには、新陳代謝を活性化させ、ターンオーバーを促す食事が有効です。古くなった肌を排出し、肌を生まれ変わらせるためには、ビタミンB群が豊富に含まれた食べ物を摂取するとよいでしょう。具体的には、レバー、大豆、ほうれん草、きのこ類をはじめとする食べ物を意識して摂取するよう心掛けましょう。

水分を意識して摂取

水を飲むことは肌にとても良い効果があると言われているように、肌の健康を保つためには水分の摂取が重要だと考えられています。
適量の水分を摂取することは、ニキビの原因となる便秘を防ぐことや、胃腸の調子を整えることにもつながります。しかし水分といっても、コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインは胃腸に悪影響を及ぼすため、常温の水やお湯を飲むことをおすすめします。

安眠でニキビ跡をケア

肌の新陳代謝を活発にし、ターンオーバーを促すためには睡眠も大切です。
夜更かしはせず、十分な睡眠時間を取るように心掛けましょう。
肌のターンオーバーが行われるのは眠っている最中です。睡眠時間が短いと、きちんとターンオーバーされないので、22~2時までのゴールデンタイムと呼ばれる時間には眠りにつき、質の良い睡眠を摂ることが重要です。

もちろん、さまざまなケア方法を実践する場合も、日々の洗顔と保湿は忘れないようにしましょう。

ニキビやニキビ跡のない美肌になるための秘訣は、睡眠と食事、そしてスキンケアを全て意識することです。まずは自分で症状と向き合って原因を追究し、生活習慣や食生活、スキンケア方法の見直しをしてみましょう。

ニキビコラム一覧