ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

思春期ニキビって!? 10代のお肌の悩み

10代の男女の肌の悩みの中で最も多いのが「ニキビ」。

ニキビは思春期を迎えた繊細な年頃にとっては深刻な悩みです。
ニキビが原因で人前に出ることができなくなったり、何気ない一言で自信をなくしたりするなど、大きなコンプレックスの原因となります。

思春期には、活発なホルモンの働きによって過剰に皮脂が分泌され、毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が増えることで自然とニキビができやすくなります。ニキビで悩む10代がとても多いのもそのためです。
そんな悩みを少しでも解消するために、ここでは思春期ニキビの特徴、原因、予防方法などをみていきましょう。

思春期ニキビの特徴とは

ニキビには、大きく分けて思春期ニキビと大人ニキビの2種類があります。
思春期ニキビとは、10代の思春期に男女を問わず生じるニキビのこと。成長期には皮脂の分泌が過剰になってしまうのが主な原因といわれています。

思春期ニキビは男性ホルモンが影響

思春期は、大人の体を作るために男性ホルモンが豊富に分泌され、ホルモンバランスが乱れがちになる時期です。
男性ホルモンは皮脂腺を刺激することによって皮脂を過剰に分泌する働きをします。そのため、毛穴が詰まりやすくなってしまい、それが原因でアクネ菌が繁殖し、思春期ニキビができてしまうのです。
こうした思春期ニキビはホルモンバランスが正常になる20代前半には治ることがほとんどです。

おでこや鼻などのTゾーンにできやすい

思春期ニキビの特徴は、皮脂腺が多く集まるおでこや鼻などのTゾーンにできやすいということにあります。
このTゾーンの毛穴の部分に皮脂がたまり、アクネ菌が増殖して炎症を起こし、ニキビができやすくなるという特徴があります。
おでこや鼻はニキビがとても目立ちやすい部位だけに、多感な時期を迎えた子どもたちにとっては大きな悩みの原因となります。

ニキビ跡が残りやすい

強く炎症したニキビをつぶしてしまった跡などは、クレーターとして残りやすくなります。大人になっても皮膚の凹凸が残ることもあるので注意が必要です。

春から夏の時期にできやすい

思春期ニキビは皮脂の分泌が活発になる春から夏にかけての時期にできやすいのが特徴です。
また、夏に強い紫外線を浴びると、肌を守るために肌の角質が厚くなり、毛穴の詰まりやニキビの原因となってしまいます。

思春期ニキビの予防とケア

ストレスや睡眠不足、偏った食生活などは、ホルモンバランスを崩し、ニキビができる要因になります。
思春期ニキビで悩まないためには、身近な原因と予防のためのポイントを抑えることがとても重要です。
それでは具体的に、思春期ニキビを予防するために、どのようなことを行えばよいかを見ていきましょう。

ストレスをためない

思春期ニキビにとってもストレスは大敵です。
特に10代では、無意識にストレスをためこんでしまった結果、ニキビという形で表に現れることもあります。
ストレス解消法はさまざまですが、部活動などを通して積極的に運動したり、好きなものに打ち込める時間を作るなどして、できるだけストレスをためこまないようにすることが大切です。

バランスの取れた食生活を

10代は、部活終わりにファストフード店に行ったり、コンビニで買ったお弁当やお菓子を食べるなど、食生活が乱れがちになるので注意が必要です。バランスの取れた正しい食生活を心掛けましょう。

また、肌のターンオーバーを促進する「タンパク質」を摂ることが重要です。
タンパク質を含む食品としては、豆腐や納豆、脂分を含まない鶏のささみ、豚のヒレ肉や魚類などがおすすめです。
なお、脂身の多い肉や炭水化物の摂り過ぎは皮脂分泌のもとになるので注意しましょう。

さらに、ビタミン類(ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE)やミネラルを多く摂取するようにしてください。
特に脂質の代謝を高めるビタミンBを含んだ食事を摂ることが有効です。

規則的かつ充分な睡眠時間を

学生時代は受験勉強やテスト勉強などで夜更かしをすることもあるかもしれませんが、できるかぎり充分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

睡眠時間は、成長ホルモンが分泌され、肌を修復したり、再生する大切な時間です。
規則正しく就寝するようにして生活リズムを整えるよう心掛けましょう。

また、枕やシーツなどは常に清潔に保ちましょう。
思春期には、ターンオーバーが頻繁に行われ、多くのエネルギーを消費するために汗をかきやすくなるので、肌に触れる枕やシーツは特に清潔にしておいてください。

しっかりと睡眠をとることは、ストレスを軽減するためにも重要です。日頃から質の高い睡眠を意識するようにしましょう。

常に肌を清潔に保つ

皮脂の過剰分泌により生じる思春期ニキビは、毎日の洗顔で毛穴の奥まで皮脂を洗い流しておくことで、かなりの程度防ぐことができます。
ただし、洗顔のやり過ぎは逆効果!肌が乾燥して逆にニキビができやすくなります。
基本的には朝晩2回の洗顔がおすすめです。

また、熱いお湯での洗顔も控えてください。
40 度以上のお湯で洗顔すると、ニキビの原因となる余分な皮脂だけでなく、表面にある正常な皮脂まで洗い流され、肌が乾燥してしまいます。

さらに、肌の水分量が足りていないと、毛穴にたまった皮脂がきちんと排出されず、そのまま固まってしまうことがあります。
それがアクネ菌増殖の原因となり、ニキビができることにつながります。
洗顔で肌をきれいにした後は、保湿ケアを心掛けましょう。

髪型を工夫する

髪型の工夫も、年齢に関係なく有効なニキビ予防方法です。
髪の毛は雑菌が繁殖したり、ほこりが付着したりしやすいため、皮膚の衛生を保つことにもつながります。
思春期に生じやすい、おでこのニキビの対策として、前髪が肌に触れる際の刺激を防ぐことも効果的です。

紫外線対策も万全に

紫外線のダメージは、ニキビ跡の原因になるので、予め紫外線対策をするようにしましょう。
屋外で部活動をする際や外出時などには、UVケアをすることをおすすめします。

ニキビコラム一覧