ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

季節別! 春夏ニキビと適切なケア

ニキビができやすい季節があることをご存知でしょうか。
何となく夏が最も汗をかく季節なので皮脂の分泌が多く、ニキビができそうなイメージがありますよね。
また、冬から春にかけての季節の変わり目にニキビや肌荒れの症状が出やすいという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、そんなニキビと季節の関係について、いわゆる「春ニキビ」と「夏ニキビ」を取り上げ、時期ごとの気になる原因やケアの方法をご紹介したいと思います。

春ニキビの原因や特徴とは

春はイメージとしては気候的にも過ごしやすい時期で、あまりニキビができそうなイメージはありませんが、実はとってもできやすい季節なのです。そんな春ニキビの主な原因をご紹介します。

季節の変わり目にできやすい

実は春先は、冬から春にかけての温度変化が激しいため、体温調節が難しく、自律神経が乱れやすくなる季節です。
そのため、汗や皮脂の分泌のバランスが悪くなり、結果的に「春ニキビ」を引き起こす場合があります。

環境の変化によるストレスが原因

春といえば進学や就職、転勤など新しい生活が始まる季節でもあります。
そうした環境の変化は意外と大きなストレスとなり、ニキビができやすくなります。

花粉症にも要注意

春と言えば花粉症の季節です。
春になると「スギ」「ヒノキ」「コナラ」などの花粉が飛散し始め、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどのアレルギー症状が出る方も多いでしょう。
また、この季節は空気が乾燥し、紫外線も少しずつ強くなってきます。
これが肌への負担となり、さらに花粉が追い打ちで皮膚膜に入り込むと、ニキビや肌荒れ、炎症の原因となります。
さらに、かゆくてお肌をかき過ぎると、摩擦で刺激になりニキビがより悪化してしまうケースもあります。

春ニキビのケア方法

春ニキビを引き起こす主な原因としては、花粉による外部刺激や環境の変化に伴う心理的ストレスがあります。
春のニキビの悪化を防ぐには、花粉対策&ストレスフリーな生活習慣が重要です!

花粉症対策を万全に!

まずは鼻炎や目のかゆみ、皮膚炎など花粉症の症状が出る前の段階に薬などで症状が出ないようにすることが大切です。
花粉症による皮膚炎は目の周りや首周りに発症することが多いので、花粉カットメガネやストールなどでシャットアウトすることも効果的です。
さらに、帰宅時にはすぐにシャワーを浴びるなど、肌に付着した花粉を洗い流すとよいでしょう。

ストレス解消のためにリラックスタイムを

進学や就職、転勤といった環境の変化によるストレスを全くゼロにすることは難しいですが、ストレスたまっていると感じたときには、副交感神経を優位にするためのリラックスタイムを設けるようにしましょう。
リラックス方法にはさまざまありますが、ストレス解消には十分な睡眠をとることも大切です。できるだけストレスをためないような生活を心掛けてください。

夏ニキビの原因や特徴とは

汗を多くかき、皮脂の分泌が盛んに行われる夏場はニキビになりやすい季節だといえます。
そんな「夏ニキビ」の特徴をご紹介します。

汗や皮脂の分泌量が増える夏場

夏は気温が高く、汗や皮脂の分泌が多い時期であり、毛穴が詰まりやすくなります。
また、6月の梅雨時期は湿度が高く、皮膚が汗などでベトベトします。このジメジメする時期はカビの繁殖が多くなり、雑菌が増える時期でもありますので、スキンケアをしっかりと行ってください。

夏場の食欲不振も原因のひとつ

暑さにやられて胃腸が弱り、食欲不振になりがちな夏場。
飲みものばかりを飲んでお腹がすかないという方も多いのではないでしょうか。こうしたバランスの悪い食生活はお肌のトラブルのもとになります。

冷房の当たり過ぎもNG

夏場は冷房にも多く当たる時期。冷房の当たり過ぎはお肌を乾燥させてしまいます。

夏といえば紫外線

ニキビの原因であるアクネ菌の代謝産生物であるポルフィリンは、紫外線によって活性酸素を発生させ、肌に刺激を与えます。シミの原因にもなる強い紫外線は肌のバリア機能を低下させ、ニキビの炎症を悪化させる原因にもなります。

夏ニキビのケア方法

夏はノースリーブを着たり、水着になったりと肌を見せる機会が多い季節。
顔だけでなく体のニキビも気になる時期でもあります。夏を楽しく過ごすためにも、早い段階から夏ニキビのケアを始めましょう。

まずは紫外線対策が重要

紫外線による日焼けは肌本来が持つバリア機能を低下させ、ニキビが増える大きな原因になります。
日傘や帽子など使って、UVダメージを最小限にするよう心掛けてください。

また、保湿ケアを入念に行って角質に水分を補給し、角質層のバリア機能を回復させることも夏ニキビの予防の有効な手段といえるでしょう。

汗はこまめに拭く

夏場に汗をかいてそのまま放置しておくと、皮脂がたまり、アクネ菌が増え、炎症を起こしたり、ニキビを悪化させてしまいます。汗をかいたらそのまま放置するのではなく、清潔なタオルでこまめに拭くなどしてください。

洗顔のし過ぎには注意

夏場は汗をかいてベトベトするので頻繁に洗顔をするという方は多いですよね。
もちろん肌を清潔に保つことは大切ですが、洗顔のし過ぎは乾燥肌を招き、ニキビのもとにもなります。
夏場は冷房の当たり過ぎや紫外線などの影響で、思ったよりも肌は乾燥していますので、
洗い過ぎには注意が必要です。

ニキビコラム一覧