ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

背中のニキビの原因は? 予防方法は?

普段はなかなか目につきにくい背中のニキビ。
「知らない間に背中にニキビができていた」という人も多いのではないでしょうか。
水着を着たり、温泉に入ったり、背中が大きく開いたドレスを着たり……
背中を見せる機会は意外と多いものですが、そんなときに背中にニキビがポツポツとできていたら気分が落ち込んでしまいますよね。
そんな悩みを解消し、ニキビのないキレイな背中をキープするためには、日頃からの入念なケアが大切です。

背中にニキビができる原因とは

背中は皮脂や汗の分泌が多く、肌の角質層が厚い部位。
しかも、衣服で蒸れやすいのでニキビが発生しやすい場所です。
繰り返しやすい背中のニキビは、ときには重症化することもあるので早めの対策が必要です。

皮脂の過剰分泌による毛穴詰まり

もともと背中は体の中でも皮脂や汗の分泌が多く、排出しきれなくなった皮脂が毛穴の中で古い角質と混ざり、やがて毛穴をふさいでしまいます。
その結果、毛穴詰まりを引き起こし、ニキビができてしまいます。
皮脂の過剰分泌は、ストレスによる抗ストレスホルモンの分泌や睡眠不足による副交感神経の活性化などによって男性ホルモンの働きが活発化することが主な原因です。

せっけんやシャンプーの洗い残し

背中はなかなか手が届かず、洗いにくい場所なので洗い方が不十分なことも多い場所です。
そのため、古い角質や余分な皮脂がたまりやすくなります。
また、せっけんやシャンプー、ヘアートリートメントなどを使った後の洗い残しも毛穴が詰まる大きな原因となります。

衣服による“こすれ”

「こする」と悪化するのがニキビの法則。
背中は、身に着けた衣服によってどうしてもこすれやすくなります。
その刺激によってニキビの再発や悪化を招くことがあります。

背中は乾燥しやすい

なんといっても、乾燥はニキビの天敵です。
肌が乾燥するとターンオーバーが乱れ、余分な皮脂を分泌し、ニキビの大きな原因となります。
汗と一緒に水分や潤い成分も蒸発しやすい背中は、乾燥しやすい場所でもあるので注意が必要です。

背中のニキビを予防するために

一度できてしまうとなかなか治りにくい背中のニキビ。
放っておく次々とニキビができたり、炎症が悪化したり、シミや跡が残ってしまうこともあるので早めの対策が必要です。
ここでは、背中のニキビを悪化させてしまう前に自宅で簡単にできるニキビケアの方法をご紹介します。

ストレスをためない

背中のニキビだけでなくニキビケアの全般にいえることですが、できるだけストレスをためず、ホルモンバランスを整えることが大切です。
そのためには「しっかりと睡眠をとる」「生活リズムを整える」「適度な運動をする」など、規則正しい生活習慣を心掛けましょう。
ストレスをため込まないために、十分な休息やレジャーなどでリラックスできる時間をつくることも重要です。

食事に気を配る

背中のニキビ予防のために積極的に摂りたい栄養素としては「ビタミンB群」が代表的です。
豚肉やレバー、乳製品などに多く含まれるビタミンB2や、カツオやマグロ、鶏のささみなどに多く含まれるビタミンB6には過剰な皮脂分泌を抑える効果があります。
その他に、美肌効果のあるビタミンA、ビタミンCなども積極的に摂るようにしましょう。
反対に、皮脂腺を刺激する動物性脂肪や糖分は男性ホルモンの分泌を促す「高GI食品」です。
これらの摂り過ぎは皮脂の過剰分泌を招くので要注意です。

適切な入浴・スキンケアを

背中の洗い方に偏りがないよう注意しましょう。
使うタオルはナイロンやアクリルなどの合成繊維ではなく、綿などの天然繊維のタオルがおすすめです。
ただし、いくら汗や汚れを落とすためとはいえ背中を洗うときにはゴシゴシと強く洗うのはNG。
強すぎる刺激で肌のバリア機能が低下して、逆に背中のニキビができやすくなります。
また、既に背中のニキビがある場合は、ニキビをつぶしてしまったり、さらなる悪化の原因となるので注意しましょう。
汚れや余分な皮脂、古い角質を効果的に取り除くのに、ピーリング成分の入ったせっけんを使うのもひとつの方法です。
シャンプーに含まれるシリコンが毛穴の詰まりを促進する場合もあるので、シャンプーはノンシリコンシャンプーがおすすめです。
また、せっけんやシャンプー、ヘアートリートメントなどの洗い残しにも注意。
「シャンプーやトリートメント→体を洗う」という順序で入浴しましょう。

衣服に気をつける

肌着には、通気性や吸収性がよいシルクやコットン100%の天然素材がおすすめです。
特に夏場には部屋着でも背中の蒸れがないように、背中が開いたチューブトップやホルターネックタイプの部屋着にするのも効果的です。
また、就寝時のパジャマは清潔に保つよう、毎日変えてください。

乾燥対策も入念に

お風呂上りには背中に化粧水や保湿クリームを塗るなど、乾燥対策にも気を配ってください。
保湿成分として「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などを多く含む化粧水を使ってみるのもよいでしょう。
肌の奥までしっかりと保湿するためにも低分子で浸透力が高い化粧水などがおすすめです。

ニキビコラム一覧