ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

おしりのニキビの原因と予防

痛い上になかなか治りにくい「おしりのニキビ」。
場所が場所だけに人知れず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
だからといって、誰かに相談するのも恥ずかしいかもしれません。
そんなあなたに役立つ「おしりのニキビの原因と予防方法」についてご紹介します。

おしりにニキビができる原因

意外かもしれませんが、おしりはニキビができやすい要注意パーツ。
もともと皮脂の分泌量が多く、摩擦や圧迫、蒸れなどの刺激を受けやすい場所。
その結果、肌の角質が厚くなって毛穴詰まりを引き起こしやすい場所なのです。
そんな「おしりにニキビ」ができる主な原因についてご紹介します。

外的刺激が主要因

他の体の部位と比べて、おしりはさまざまな外的刺激を最も受けやすい場所です。
例えば学校の授業や職場のデスクワークなどで長時間椅子に座っていると、おしりが圧迫されて痛くなってきます。
それだけおしりに負担がかかっているということです。
もしも既にニキビがおしりにある場合は、ニキビに刺激を与えてしまうので治りにくく、ニキビ跡が残りやすいのも特徴です。
同様のケースとして、椅子以外にもバイクや自転車のサドルなども危険です。
サドル部分がおしりや陰部のニキビに当たって悪化するケースがあるので注意しましょう。
その他の外的刺激として、衣服による圧迫があげられます。
体を締めつけるような下着やスキニーパンツなどをよく身に着けるという人は注意が必要です。
締めつけのきつい下着や衣類は血流を悪くしてしまい、肌の潤いを奪います。

おしりの蒸れにも注意

お風呂に入るときやトイレに行ったとき以外、おしりや陰部は常に下着やズボンといった衣服に包まれていて、空気に触れることが極端に少ない場所です。
通気性が悪いので汗をかけば当然おしりや陰部が蒸れてきます。
その結果、汗と皮脂が混ざって肌がとても不衛生な状態になってしまいます。
通気性や吸収力の悪い生理用品を使っているときも同じです。
おしりや陰部が蒸れれば、雑菌が繁殖してニキビを引き起こす原因となります。

それって本当にニキビ?

よくあるおしりのトラブルとして、おしりのニキビのほかに、「粉瘤(ふんりゅう)」と「おでき」があります。
「粉瘤」は、アカなどの老廃物がたまって皮膚の下にできた袋状の腫瘍(良性)がしこりのようになったもので、いちどできると同じ場所に何度もできるのが特徴です。
赤く腫れることがあり、ニキビと間違いやすいので注意してください。
「おでき」は、毛穴の奥にブドウ球菌が感染し、その周囲が化膿している状態で、赤く腫れて痛いのが特徴です。
同じおしりの肌のトラブルですが、症状が異なれば対処法も変わってくるので、まずは自分の症状を正しく把握するようにしましょう。

おしりのニキビを予防するために

顔や頭皮、胸元のニキビのケアは熱心にしているけど、おしりのニキビまではなかなか気が回らない……そんな人も多いと思います。
実際におしりのニキビは、普段は目に見えない場所なのでケアも難しいですよね。
しかし、おしりのニキビはいったんできてしまうと治りにくいので、早めにしっかりとしたケアが必要です。

おしりへの刺激を軽くする

仕事によってはどうしてもデスクワークが中心で長時間椅子に座る必要があるということもあります。
そんなときは、低反発クッションなどの柔らかいクッションを使って、できるだけおしりへの負担を減らしてください。
姿勢をこまめに変えるのもよいでしょう。
また、頻繁にバイクや自転車に乗るという人にはおしりへの負担を軽減する「低反発サドル」がおすすめです。
自宅では、できるだけ固い床や椅子には長時間座らないようにしましょう。
柔らかいソファなどでゆったりと過ごすことが大切です。

下着や衣服の正しい選び方

体を締めつけるタイプや化学繊維の下着はできるだけ避けて、通気性のよい下着を選びましょう。
また、ヒップラインにピッタリとしたスキニーパンツなども長時間身に着けるのもよくありません。
たまには、ゆるめのパンツや女性はスカートなどをはいて、おしりを締めつけずリラックスできる日をつくってください。

おしりを清潔かつ健康に

おしりのニキビを繰り返さないためには、おしりを常に清潔に保つことが大切です。
入浴の際にはしっかりと洗いましょう。
ただし、しっかり洗うといってもゴシゴシと強く洗うのはNG。
せっけんを泡立てて、手でなでるようにして洗いましょう。
また、入浴時に使ったシャンプーやリンス、ボディソープはしっかりと洗い落としましょう。
トイレの便座はしっかりと除菌をして使用してください。

肌の保湿も重要です。
特に入浴後は肌が乾燥しやすいので、顔や胸元だけでなく、おしりにもクリームや化粧水などを使ってしっかりと保湿してください。

生活習慣の改善

顔や胸元、背中などにできるニキビと同様に、おしりのニキビの予防にも生活習慣を改善することが大切です。
まずはできるだけストレスをためず、ホルモンバランスを整えることが基本です。
そのためには「しっかりと睡眠をとる」「生活リズムを整える」「適度な運動をする」など、規則正しい生活習慣を心掛けましょう。
次に、食事も大切です。
皮脂分泌を抑えるビタミンB群や美肌効果のあるビタミンA、ビタミンCなどを積極的に摂るようにしてください。
また、皮脂腺を刺激する動物性脂肪や糖分は男性ホルモンの分泌を促す「高GI食品」です。
これらの摂り過ぎには注意しましょう。

ニキビコラム一覧