ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

正しい洗顔方法で正しいニキビケア

顔のニキビをできにくくするための最も基本点なポイントは、なんといっても「洗顔」。
ニキビ対策には「肌を清潔な状態に保つ」ことが基本中の基本です。
ニキビの予防や改善のためにはさまざまな方法がありますが、いろいろと試す前にまずは洗顔の仕方から見直してみてはいかがでしょうか。

ニキビ対策のための正しい洗顔方法

「正しい洗顔方法ってどうやるの」「今の洗顔の仕方で大丈夫?」
そんな疑問をお持ちの人は多いと思います。
肌トラブルを未然に防ぐためにも「正しい洗顔方法」を知ることが大切です。
以下では、正しい洗顔方法の基本的なポイントと注意点をご紹介します。

洗顔の前に手を清潔に

いろいろな物に触れる手には意外とたくさんの雑菌が付着しています。
そんな手で顔を洗っても、雑菌を顔に塗っているようなもの。
まずはきちんと手洗いから始めましょう。

ぬるま湯を使う

洗顔料で顔を洗う前にぬるま湯で顔を洗い、毛穴を開かせて汚れを落としやすくします。
ぬるま湯は体温より少し低い32~35℃ぐらいがおすすめです。
洗顔前に蒸しタオルで顔を数分ほど蒸らしておくのも効果的です。
洗顔に熱いお湯や冷水を使うのはNG。
必要以上に皮脂を取り除いてしまい、肌に負担がかかるのでやめましょう。

やさしく丁寧に洗う

肌に負担がかからないよう、指の腹を使って丁寧に、顔の上をすべらせるように洗いましょう。
いくら汚れを落としたいからといって、タオルなどを使ってゴシゴシと強くこするのは厳禁。
乾燥肌や敏感肌の原因となり逆効果です。
順番としては、皮膚が厚く皮脂の分泌も多い額や鼻などの「Tゾーン」から先に洗い、その後に頬から目元、口元などデリケートな部分へと移行します。
つまり「肌の強い部分からデリケートな部分」へと順番に洗ってください。
特に目元や口元などは頬やおでこよりも皮膚が薄いので、こすることなくやさしく洗うようにしましょう。

洗顔は1日2回程度で

1日に何度も顔を洗い過ぎると、肌に過度の負担がかかります。
肌には、適度な皮脂が必要です。洗い過ぎは必要な皮脂も取り除いてしまい、肌の乾燥の原因となるので、洗顔は朝と夜の2回程度にすることをおすすめします。
1回の洗顔時間は、約1分~1分半で十分です。
長時間の洗い過ぎは控えてください。
ただし、スポーツなどの運動でたくさんの汗をかいたときは、その都度しっかりと汗を洗い流してください。

すすぎ残しがないように

額やこめかみ、あごなどに洗顔料の洗い残しがないよう注意しましょう。
すすぎ残しがあると、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの原因となる場合があります。
ぬるま湯を使って丁寧に洗い落としてください。
また、洗顔をするときは髪をターバンやヘアバンドなどで上げておくとよいでしょう。
髪が顔にかかったままだとすすぎ残しが発生しやすくなります。

洗顔は最後に

ボディソープやシャンプー、トリートメントのすすぎ残しによるニキビを防ぐために、入浴の際には洗顔は最後にするようにしましょう。

清潔なタオルで水分を取り除く

洗顔の後には、清潔なタオルを使ってやさしく水分を取り除いてください。
タオルは指よりも摩擦が起きやすいので、こすらずにタオルを押し当てるようにして水分を拭き取ってください。

洗顔後のケア

肌に潤いを与えるために、保湿力に優れた化粧品を選び、乾燥しないようにしてください。

洗顔料を選ぶときの注意点

洗顔料にはさまざまな種類がありますが、使う人の肌の状態や体質などによって効果はかなり違ってきます。
使う洗顔料によっては肌質に合わずに逆効果になることもあるので注意が必要です。
自分に合った洗顔料を見つけるためにも、ここでは「ニキビケアに効果的な洗顔料選びのポイント」をご紹介します。

保湿力が大切

せっかく洗顔によって毛穴の汚れを落としても、肌が乾燥したままだとニキビの大きな原因となります。
洗顔料を選ぶ際には、洗浄力だけでなく肌に潤いを与えてくれる保湿成分配合の洗顔料がおすすめです。

洗浄力の強すぎるものは避ける

ニキビの予防や改善には毛穴にたまった皮脂を取り除くことが大切ですが、皮脂の取り過ぎは肌の潤いを失くしてしまうので逆効果です。
特に既にニキビがある人は、強い角質ピーリングやスクラブ洗顔などは洗浄力が強すぎるので控えたほうがよいでしょう。

ニキビコラム一覧