ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

食生活の改善でニキビ予防

ニキビのケアをしているのになかなか治らない。
そんな悩みはありませんか。
慢性的に繰り返すニキビは、食生活が原因のことも少なくありません。
ニキビ対策にはさまざまな方法がありますが、普段の食生活を見直すことも効果的な方法のひとつです。
ここでは「ニキビ予防に効果的な栄養素や飲食物」と「摂り過ぎるとよくない飲食物」をご紹介します。

ニキビ予防に効果的な栄養素や飲食物

ニキビは、皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりが原因でできます。
そして、皮脂の過剰分泌には食生活が大きく影響しているといわれています。
ニキビの原因をつくらないためにも、できてしまったニキビを治すためにも、ニキビによいとされる栄養素や食べ物をバランスよく摂ることが大切です。

ビタミンB群

ビタミンB2やビタミンB6などのビタミンB群は、肌に栄養を与えてターンオーバーを促進する重要な役割を果たしています。また、余分な皮脂の分泌を抑制する効果もあります。
こうしたビタミンB群は、胚芽米や納豆、ゴマ、ニンニク、マグロ、カツオ、ウナギ、卵、レバーなどに豊富に含まれています。

ビタミンC/ビタミンE

抗酸化成分であるビタミンCとビタミンEは、どちらも活性酸素から肌を守る重要な役割を果たしており、美肌効果のある栄養素として知られています。
ちなみにビタミンCは多く摂取しても体内には蓄積されずに尿として排泄されるので毎日少しずつ摂るようにしましょう。
ビタミンCは、果物や赤ピーマン、黄ピーマン、アセロラジュースなどに多く含まれています。
ビタミンEは、サツマイモやジャガイモ、イクラやキャビアなどの魚卵に多く含まれています。

ビタミンA

ビタミンAには、皮膚や粘膜の働きをよくし、肌の潤いを保ち、ターンオーバーを促進する効果があります。
ビタミンAは、ニンジンやトマト、ホウレンソウ、カボチャ、豚レバーなどに多く含まれています。ビタミンAは脂溶性なので、炒めて食べるのがおすすめです。

ミネラル

カルシウムやマグネシウム、亜鉛などのミネラルには、ホルモンバランスを整える効果があり、肌のターンオーバーを促進します。こうしたミネラルは乳製品や穀物、昆布などに多く含まれています。

コラーゲン

コラーゲンはアミノ酸として吸収され、新しい肌をつくる材料になります。また、酸素や栄養素を細胞に届ける重要な役割を果たしています。
鶏皮や牛筋肉などに多く含まれています。

食物繊維/乳酸菌

便秘はニキビの原因のひとつとよくいわれます。腸内環境の悪化は自律神経を乱すと同時に、血行不良や食欲低下を招くことから肌に必要な栄養が不足し、ニキビを引き起こす要因となりかねません。
したがって、健康な肌を維持するためには食物繊維や乳酸菌など腸内環境を整える栄養素を摂ることも大切です。
食物繊維は、マメ類やイモ類、ゴボウなどの根菜やキノコ類などに多く含まれています。
乳酸菌は、ヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれています。

必須脂肪酸(オメガ3系脂肪酸)

必須脂肪酸は、肌の再生を促す作用があります
また、角質層の保湿因子である細胞間脂質を形成しているので、これを十分に摂取していないと角質層の保湿力が低下してしまいます。
必須脂肪酸は、サバやイワシなどに多く含まれています。

タンパク質

皮膚や髪の毛などの体の細胞の形成に必要不可欠なタンパク質ですが、意外と不足しがちな栄養素です。
タンパク質が不足すると新しい皮膚の形成が滞り、ターンオーバーのサイクルが乱れがちになります。タンパク質は、牛肉などの肉類やしらす、イワシなどの魚介類、卵類、大豆製品、乳製品に多く含まれます。

摂り過ぎるとよくない飲食物

ファーストフードなどの外食が多く、好き嫌いも激しい……そんな乱れた食生活では、ニキビだけでなく体の健康にもよくありません。
特定の食べ物が直接的にニキビの原因となることはありませんが、バランスのよい食生活を心掛けてください。
偏食や間食、過度のダイエットなどにも気をつけましょう。
食事だけではなかなか補いきれない栄養素は、サプリメントを利用するのも効果的です。

糖分

糖分の摂り過ぎはニキビにとっても天敵です。
なぜなら、糖分が体内で吸収される際に大量のビタミンB群が消費されるからです。
その結果、肌の健康に必要なビタミンB群が不足しがちになるだけでなく、糖分が分解されて残った脂肪が体内に蓄積され、皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまいます。
また、ケーキやジュースなど糖分が多く食物繊維が少ない「高GI食品」は、血糖値が上がりやすく、その際にインスリンが大量に分泌されます。
インスリンも皮脂の過剰分泌を招くので、ニキビの発生の原因となります。

アルコール類

適度な飲酒は問題ありませんが、お酒の飲み過ぎもニキビには決してよくありません。
お酒にはかなりの糖分が含まれており、皮脂の過剰分泌につながる他に、飲酒による毛細血管の収縮によっても皮脂腺が刺激される場合があります。
また、過度の飲酒はビタミンB群を消費し、活性酸素を作りだします。活性酸素は肌を傷つけ、ニキビをはじめとする肌のトラブルの原因となります。
特に既にニキビがある場合は、炎症を悪化させる恐れがあるので、過度の飲酒は慎みましょう。

からいものやカフェイン

香辛料を使ったからい食べ物は、適量であれば新陳代謝を促進するので問題ありませんが、食べ過ぎには注意が必要です。
からい食べ物は胃腸に負担がかかり、消化や吸収の機能が低下してニキビの要因になります。
また、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインもビタミンB群の吸収を低下させるので、飲み過ぎに注意しましょう。

油脂分

肉や油っぽい食べ物、バターをたっぷりと使ったお菓子など、油脂分の多い食生活はニキビの天敵。
皮脂が必要以上に分泌されて毛穴詰まりを起こし、ニキビができる大きな原因となるので注意しましょう。

ニキビコラム一覧