ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビの初期段階!
「白ニキビ」ができる原因っていったい何?

ぷっくりとできた白いニキビは、ほかのニキビに比べてまだまだ初期段階の状態と呼ばれており、改善がしやすいといわれています。とはいえ、できてしまうととても気になってしまうもの。こうした白ニキビはなぜできてしまうのでしょうか?その原因と対策方法を探っていきましょう。

白ニキビってどんなニキビ?

白ニキビはその名の通り、白くぷっくりとできてしまうニキビのこと。白い部分は古い角質や皮脂からできていて、それらが毛穴に詰まることからはじまります。詰まった皮脂や角質が毛穴の表面を覆い、出てきてしまう症状のことです。炎症を起こしたり膿んだりしているわけではないため痛みもなく、あくまでニキビの初期症状と呼ばれる段階となっています。

白ニキビの原因

白ニキビは主に毛穴に角質や皮脂が溜まってしまうことでできてしまう症状ですが、これにはいくつかの原因が挙げられます。たとえば以下の2点です。

皮脂分泌が過剰になっていること

肌に一定量必要な皮脂ですが、ホルモンバランスが崩れてしまうと、いつもより多く分泌してしまうことがあります。これは不規則な食生活や睡眠不足、ストレス、運動不足などから起こるものとされています。

また、肌の乾燥にも要注意。エアコンや紫外線の刺激で肌が乾燥すると、少しでもうるおいを保とうとして皮脂の分泌が活発になります。余分な皮脂が生成されてニキビができやすくなってしまうのです。 さらに、月経前などもホルモンバランスが崩れがちになるので、引き起こしやすいといえるでしょう。

汚れが溜まってしまうこと

肌に汚れが溜まりがちだと、ニキビを引き起こしやすくなってしまいます。たとえばシャンプーや洗顔料などをしっかりと洗い落とせていますか?メイクはきちんとクレンジングで落としていますか?シャンプーなどのすすぎ残しやファンデーションなどのメイクの残りが肌の汚れとなり、毛穴に詰まってニキビになってしまうことがあります。

白ニキビの予防方法

白ニキビは悪化すると炎症を起こしたり膿を持ったりして、跡になってしまうことがあります。 最初のニキビを作らないように、普段から予防をしておきましょう。具体的な予防対策としては以下の3点が挙げられます。

メイクはしっかりと落とし、きちんと洗顔を

疲れて帰ってくると、メイク落としは面倒なもの。しかしメイクの落としそびれが肌の汚れとなり、ニキビの原因になることはよくあります。毎日の洗顔はしっかりと怠らないようにしましょう。

すすぎ残しに気を付ける

シャンプーや洗顔料などのすすぎ残しもニキビの原因となるアクネ菌のおいしいエサとなってしまいます。しっかりと流しておきましょう。

普段の生活を整える

普段の生活を見直すことで、ニキビができにくくなります。たとえば食生活。腸内環境の乱れや栄養不足は肌の大敵です。バランスのよい食事を心がけるようにしましょう。ジャンクフードや揚げ物、甘いものやアルコールの過剰摂取はバランスを崩す原因にもなります。分量は適度にし、摂りすぎには十分注意しましょう。

また、体を動かして血行をよくすることもとても大切です。血液のめぐりが悪化すると、肌の隅々まで栄養が届かず、代謝が悪くなってしまいます。代謝をアップさせ、肌のターンオーバーを正常に戻すため、運動は有効な手段です。また、運動で汗をかくことで毛穴の油分や汚れが排出される効果も期待できます。 ストレス発散にもなるので、適度な運動をこなしましょう。

さらに、ストレスのため込みすぎも原因になります。休息をとったり睡眠をとったりして、ため込まないようにしましょう。普段の生活を整えることで、肌や体の調子が整い、ニキビができにくくなるといわれています。

まとめ

白ニキビは初期段階であるため、気をつければ改善もしやすいです。しかし、すぐに治ったとしても、普段の生活で不摂生を繰り返していたり、ストレスをため込んだりしているとまた再発する可能性もあります。できるだけニキビができないよう、生活を整えながら過ごし、スキンケアで予防していくのが理想的といえるでしょう。

ニキビコラム一覧