ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

炎症してしまったニキビ「赤ニキビ」の原因と対策、予防方法を知ろう!

真っ赤に膨らんでしまったニキビは、ほとんどの人が経験したことのあるものではないでしょうか。触ると痛いうえに治りにくく、手を焼いてしまいますね。この赤いニキビはいったいどんな原因でできてしまうのでしょうか?その対策法や予防法とともに解説します。

赤ニキビってどんなニキビ?

赤ニキビは、いわゆる白ニキビ、黒ニキビが悪化してしまった状態のことを指します。白ニキビや黒ニキビは毛穴に皮脂や汚れ、角質などが溜まってできるものですが、それが炎症して赤く腫れてしまった状態が赤ニキビになります。赤く腫れて悪化していることで治りにくくなってしまっており、白ニキビや黒ニキビに比べて痛みを伴う状態なのです。

赤ニキビの原因

赤ニキビは、そもそもあった白ニキビや黒ニキビが悪化してしまったものとされていますが、いったいどんなことが原因になるのでしょうか。具体的には以下の3点が挙げられます。

皮脂や汚れがアクネ菌を増殖させる

白ニキビや黒ニキビと同じように、はじまりは毛穴に溜まってしまった皮脂や汚れが原因となります。これがじつはニキビを悪化させるアクネ菌を増やすもととなっており、放置しておくとアクネ菌が増殖して炎症を起こしてしまうのです。炎症によって痛くなってしまったり、膿んでしまって黄ニキビにまで発展したりすることもあります。

体内のバランスが崩れている

便秘で腸内環境が乱れて赤ニキビができてしまうこともあるといわれています。 こちらは普段の生活の乱れはもちろんのこと、仕事などで感じるストレスが原因となることも。過剰なストレスは、皮脂をたくさん分泌してしまうため、赤ニキビの原因になってしまう可能性があります。ほかには、月経前などにあるホルモンバランスの乱れも原因の一つとなっています。

間違ったスキンケア

赤ニキビで注意しておきたいのは、間違ったスキンケアを続けていること。化粧品が合わなかったり、敏感肌なのに刺激の強いスキンケア用品を使ったりしていると、赤ニキビが発生してしまうもととなってしまいます。

赤ニキビの対策

赤ニキビはすでにニキビが悪化してしまっている状態です。できてしまったら、できるだけ触らないようにしましょう。すでに炎症を起こしてしまっているため、手で触ることによって余計な菌を増やしてしまうと、さらにひどい症状になってしまうからです。対策としては以下の2つが挙げられます。

あまり肌を刺激しないようにする

前述したように、肌に余計な刺激を与えることで悪化する可能性もあります。あまり肌を刺激しないようにすることが先決です。たとえば、できるだけメイクは避けるようにしましょう。油分を含んでいるため、肌に悪影響を与えることがあります。
とはいえ、どうしてもしなければならない場合もあるかと思います。その場合は清潔なパフを使ったり、油分のあまりないファンデーションを使ったりして工夫をしましょう。

かゆくてもかかないように気をつけてください。この場合は冷やしたタオルなどをあてて冷やすなどをし、刺激を和らげましょう。

スキンケア用品を見直す

肌に合わないスキンケアは、ニキビの原因の一つ。一度日ごろ使っているスキンケア用品を見直してみるのもよいでしょう。

日常使うものは、刺激の少ないものを選んでください。最初にパッチテストをして肌との相性を確かめるのもよいでしょう。敏感肌の人は特に気をつける必要があります。

赤ニキビの予防方法

食事に気をつける

ニキビは代謝が悪くなるとできやすくなってしまうため、ふだんから体の調子を整えておく必要があります。そのためには、バランスのよい食事を心がけましょう。特に便秘によってニキビができることがあるので、食物繊維を摂ったり、余分な皮脂を減らすビタミンB2やB6を摂取したりするのがおすすめです。

甘いものや油分、アルコールを控える

食生活は栄養を取るだけではなく、甘いものや脂っこいものを食べすぎないようにすることも大切です。油分を過剰に摂取してしまうと、皮脂分泌が過剰になり、ニキビの原因になってしまいます。特に揚げ物やナッツ類は、食べすぎないように注意しておきましょう。できればアルコールの摂取量にも気をつけておきたいところです。

ストレスを溜めない

ストレスをため込むとホルモンバランスが崩れ、ニキビを生み出すもとになってしまいます。忙しい方も多いかもしれませんが、ストレスを定期的に発散するように、運動や趣味を取り入れるなどを心がけましょう。

まとめ

赤ニキビはすでに少し悪化してしまっていることもあり、白ニキビや黒ニキビに比べて治りにくくなってしまっています。赤ニキビには普段の予防が大切です。できてしまった場合は、刺激をあたえないように、肌にやさしいスキンケアを心がけましょう

ニキビコラム一覧