ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

ニキビ予防にはビタミン・ミネラルが大切!お肌に嬉しい働き&摂取方法を解説

ニキビは一度できてしまうと治るまで長引いたり、跡が残ってしまったりと、なかなか厄介です。できることなら、ニキビはできる前に防いでおきたいもの。お肌の健康にはビタミンやミネラルなどの成分が深く関わっています。今回はこれらの成分の働きや、摂取のコツなどをご紹介します。

ビタミンがニキビ予防になる理由

ビタミンはさまざまな種類がありますが、どのビタミンも身体の調子を正常に整える働きを持っており、お肌の健康に深く関わっているものも数多く存在しています。それぞれのビタミンにはどのような働きがあるのでしょうか?

ターンオーバーを促進する:ビタミンA

お肌の細胞が少しずつ新しいものに生まれ変わっていく働きをターンオーバーと言います。睡眠不足やストレスなどでターンオーバーが停滞すると、ニキビや肌荒れが起こりやすい肌となってしまいます。ビタミンAにはターンオーバーのサイクルを促進する働きがあり、お肌をみずみずしく保ってくれます。

皮脂分泌を抑える:ビタミンB群

皮脂の過剰分泌によって引き起こされる毛穴の詰まりは、ニキビの原因のひとつです。ビタミンB1、ビタミンB2などを始めとする8種類のビタミンで構成されるビタミンB群には、脂質の代謝を活発にする働きがあるため、皮脂として分泌される脂質を適切な量にコントロールしてくれます。

炎症を抑える:ビタミンC

ニキビができてしまった時、その部分が炎症を起こすことによって重症化し、長引いたり跡が残ったりしてしまいます。ビタミンCには、お肌の炎症を引き起こす原因物質である「活性酸素」の働きを抑制する作用が備わっているため、炎症を起こしにくい強いお肌を作る効果が期待できます

食べ物からビタミン摂取するには?

ビタミンA

ビタミンAはレバーに多く含まれる成分で、他にはうなぎ、ほうれん草やにんじんといった緑黄色野菜からも摂取できます。ビタミンAは脂溶性ビタミンといい、油に溶け出す性質を持っています。加熱に強く、油と共に摂取することで体内への吸収率がグンとアップするので、調理法は炒め物が特にオススメです。

ビタミンB群

ビタミンB群は、レバーや豚肉、カツオやマグロ、牡蠣、うなぎ、牛乳といった動物性タンパク質の他、大豆やナッツ、ほうれん草などにも多く含まれる成分です。ビタミンB群は水溶性ビタミンといって水に溶け出す性質をもっており、さらに加熱に弱いのが特徴です。煮物にすると加熱でビタミンが壊れ、煮汁の中にビタミンが流れ出してしまうのでオススメできません。生食で食べたり、サッと蒸したりといった調理法が向いているでしょう。

ビタミンC

ビタミンCはピーマン、パプリカ、シシトウ、アセロラ、レモン、キウイなど、野菜や果物に多く含まれます。ビタミンCは特に熱に弱い性質があるので、出来るだけ生食で摂るようにしましょう。食後2~3時間ですぐに体外に排出されてしまうと言われているため、一食でたくさん摂るのではなく、三食でバランスよく摂ると効果的です。

ミネラルがニキビ予防になる理由

ミネラルとは、カルシウム、亜鉛、鉄分などの諸成分の総称です。これらのミネラルは、ビタミンと同様に身体の調子を正常に保つために必要不可欠です。ミネラルはターンオーバーを活発にし、お肌の若々しさを維持するために直接作用してくれます。それだけでなく、ホルモンバランスの調節、自律神経の正常化など、間接的にもお肌の健康と深く関わっています。

ミネラルを食べ物から摂取するには?

カルシウム

牛乳・乳製品がもっとも摂取効率がよく、他にも大豆製品、しらす・煮干し・わかめなどに含まれます。カルシウムは全体的に摂取効率が悪い栄養素で、ダイエットなどで食事制限を行うとすぐに不足してしまうため注意が必要です。毎日の生活の中で習慣的に摂取しましょう。

亜鉛

牡蠣に多く含まれ、他にもレバーや牛肉、チーズや卵、ゴマや松の実などでも摂取することができます。亜鉛はコーヒーと同時に摂ると摂取効率が下がってしまいます。コーヒーを飲む際は、食事とは時間をあけるようにするとよいでしょう。

鉄分

レバー、いわし、あさり、大豆製品、小松菜やほうれん草などの葉菜類、ゴマなどに含まれます。鉄分のうち、動物性食品に含まれるものをヘム鉄、植物性食品に含まれるものを非ヘム鉄と呼んで区別しますが、ヘム鉄の方がずっと吸収効率が良いという特徴があります。動物性食材を意識して摂取するのがおすすめです。またビタミンCと同時摂取することでも吸収効率はアップします。

まとめ

ニキビの予防には、日頃からビタミンやミネラルを積極的に摂り、体内環境を整えておくことが大切です。ビタミンやミネラルはサプリメントでも摂取可能ですが、やはり食べ物からバランスよく摂る方が理想的です。美肌作りのために食習慣を見直して、身体の内側から健康的になりましょう。

ニキビコラム一覧