ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

赤ちゃんにもニキビが出来る?ホルモンや皮脂分泌によって起こる新生児ニキビ

ツヤツヤぷるぷるのお肌を「赤ちゃんのような肌」と呼ぶように、一般的に赤ちゃんと言えばお肌のトラブルとは無縁の存在というイメージが強いのではないでしょうか。しかし、実際には生まれたての赤ちゃんでもニキビができることは少なくありません。赤ちゃん特有の「赤ちゃんニキビ(新生児ニキビ)」の原因や対策についてご紹介します。

赤ちゃんにも起こる肌トラブル

生まれて間もない赤ちゃんは、身体の機能がまだしっかりと確立されておらず不安定な状態です。そのため生後半月~1ヶ月程度のころには特に、湿疹や赤み、炎症、カサカサ肌などといったさまざまなお肌トラブルを起こすことが少なくありません。それらのトラブルの中でも、赤ちゃんの肌に出来るニキビのことを赤ちゃんニキビと言います。 赤ちゃんニキビは、中に白や黄色の脂がつまった吹き出物で、大人に出来るニキビと同じような見た目をしています。おでこやほっぺにできることが多く、ときには赤ちゃんの顔一面にたくさんできてしまうこともあります。初めて見るお母さんはギョッとしてしまうかもしれませんが、原因と対処法を知っていれば怖くはありません。

赤ちゃんニキビの原因とは

ホルモンの影響

赤ちゃんはお腹の中にいる時お母さんのホルモンの影響を受けており、生後しばらくの間はこの影響が持続します。お母さんのホルモンのうち一部のホルモンには、皮脂の分泌を活発にさせる作用のあるものが含まれています。このホルモンの働きが赤ちゃんの身体にとって強すぎた場合、過剰に分泌された皮脂がニキビとなって赤ちゃんの肌に現れるのです。

敏感肌の影響

赤ちゃんの肌は大人の肌よりはるかに敏感です。大人が使用するには全く問題のないような素材の肌着や寝具でも、赤ちゃんのお肌にとっては大きな刺激となっていることがあります。肌着や寝具からの刺激によってお肌がダメージを受けると、赤ちゃんニキビなどの肌トラブルも起こりやすくなってしまいます。

代謝の影響

赤ちゃんの肌は大人の肌よりも新陳代謝が活発で、毎日たくさんの汗や垢を排出しています。肌着や寝具にこういった汚れが蓄積すると、赤ちゃんの敏感肌にとっては負担となり、結果的に赤ちゃんニキビを誘発することがあります。

母乳からの影響

お母さんの出す母乳には脂肪分がたっぷり含まれています。この脂肪分が赤ちゃんの身体にとって多すぎる場合、余った脂肪分が赤ちゃんニキビとして現れると考えられています。

赤ちゃんニキビを防ぐには?

しっかりと洗浄する

赤ちゃんのお肌は新陳代謝が活発で、ニキビの原因となる皮脂や垢がたまりやすいコンディションになっています。沐浴の際は赤ちゃん専用の石鹸を使い、しっかりと汚れを落としてあげることを心がけてください。また赤ちゃん自身の手が汚れていると、汚れた手で顔を触ることになってしまいます。お顔だけでなく手の洗浄にも気を配りましょう。

衣類・寝具を清潔に保つ

衣類や寝具やタオルなど、赤ちゃんのお肌に触れる身の回り品は、こまめに取り替えて洗濯し、清潔な状態を保つようにしましょう。意外と見落としがちですが、赤ちゃんはお母さんに抱っこされて過ごす時間が長いため、お母さんの洋服の汚れにも注意してください。

母乳の質に気を配る

母乳から赤ちゃんに与える油脂分が多すぎることが疑われる場合、お母さんの食事から揚げ物やお菓子類、乳製品などを減らしてみるのもひとつの手です。ただし、あまり心配しすぎても母乳の出に影響しますので、少し気に留めておくくらいで結構です。

新生児のニキビを治すには?

刺激しない

赤ちゃんニキビを気にしてついついお顔を拭いたり触ったりしすぎると、かえってお肌にとって負担となり症状が進んでしまうことがあります。赤ちゃんニキビができてしまったら必要以上には刺激しないように気をつけましょう。

様子を見る

赤ちゃんニキビは、何も対処しなくても赤ちゃんの順調な成長に合わせて自然に収まってくることがほとんどです。お母さんのホルモンの影響は一過性のもので、自然と赤ちゃん自身のホルモンバランスが整ってニキビも消えていきます。皮膚が破れて膿が出たり、激しく炎症を起こしたりといった症状がない軽い赤ちゃんニキビなら、清潔にするよう心がけながらしばらく様子を見ましょう。

小児科に相談

炎症が広がって赤ちゃんが痛がったり、お顔全体にたくさん赤ちゃんニキビが出てしまったりといった場合には、小児科で主治医の先生に相談してみると良いでしょう。

薬品等の使用

薬品で赤ちゃんニキビをケアしたいなら、小児科で医師に薬を処方してもらい、用法用量を守って使用するのがベストです。大人用の市販のニキビ薬などは赤ちゃんのお肌には合いませんので決して使用しないでください。市販のものを使用するなら、赤ちゃん用のベビーローションなどが良いでしょう。

まとめ

赤ちゃんニキビは赤ちゃんを必死で守っているお母さんにとってはショッキングなものですが、実際はそう珍しいものではありません。清潔を心がけ、必要に応じて医師の協力も得ながら、焦らず長い目で見守ってあげてください。

ニキビコラム一覧