ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

ニキビの原因はホルモンバランス?ホルモンがお肌の調子を司るメカニズム

女性なら一度は「ホルモンバランス」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。女性の体の中では生理のリズムに合わせて複数のホルモンの分泌が増えたり減ったりすることを繰り返しており、これらのバランスのことをホルモンバランスと呼びます。お肌の調子と切っても切れない関係にあるホルモンバランスについて、詳しく解説していきます。

ニキビとホルモンバランスの関係

一般的にホルモンとは、男性ホルモンや女性ホルモンといったような「性ホルモン」のことを指します。数ある女性ホルモンの中で代表的なものは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の二種類です。正しい時期に適切な種類と量のホルモンが分泌されることによって、女性の体に生理が起こり、子宮のコンディションが整って卵子が排卵され、妊娠できる状態となり、その後また生理が起きるという一連の変化が起こります。女性の体は約1ヶ月の周期でこのサイクルを繰り返しているのです。
このように、ホルモンは生理や妊娠に関わる変化を身体に起こす物質ですが、皮膚にうるおいを与えたり、皮脂の分泌を増やしたりといったお肌に関わる作用も持っています。ホルモンバランスが乱れてあるホルモンの分泌が過剰になったり、反対に欠乏したりすることで、ニキビや肌荒れなどのお肌のトラブルが起きやすい状態となってしまうのです。

ホルモンの働き

エストロゲン(卵胞ホルモン)

主に生理の終盤から約1週間分泌量が増えるホルモンです。主に妊娠に備えて子宮の中のコンディションを整える働きをもつ物質です。お肌の保湿のカギとなる物質「セラミド」の分泌を増やし、お肌のバリア機能をアップさせる作用を持つため、ふっくらとしたみずみずしいお肌に近づける美肌効果が期待できます。皮膚の水分量が多いとお肌が柔らかく保たれ、皮脂や汚れなどが毛穴に溜まりづらくなるため、ニキビもできにくい状態となります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

生理1日目から数えて約14日目に排卵が起こり、その後から次の生理が来るまで分泌量が急激に増えるのがプロゲステロンです。プロゲステロンは受精卵が着床しやすい状況を作り出し妊娠をサポートしてくれるホルモンですが、皮脂分泌を促したり、体内の水分を溜め込んだりといった作用もあります。そのため、プロゲステロンが多く分泌されている時期には、体内の老廃物がなかなか排出できずにお肌にくすみが出たり、毛穴に老廃物が詰まってニキビを引き起こしたりすることが増えてしまいます。

女性ホルモンとニキビ

女性の体内には、美肌作りを促進してくれるエストロゲンと、ニキビや肌荒れを起こりやすくしてしまうプロゲステロンという2種類のホルモンがあり、健康な状態ではこの二種類が生理周期に合わせてバランス良く分泌されています。しかし、ホルモンバランスが乱れてエストロゲンの分泌がグッと減ったり、反対にプロゲステロンの分泌が異常に増進されたりすると、お肌はたちまち調子を崩してしまい、ニキビを始めとする肌トラブルが起こり始めます。

男性ホルモンとニキビ

女性の体の中では女性ホルモンだけでなく実はアンドロゲンという男性ホルモンも分泌されています。微量なので普段はほとんど意識されることはないのですが、ホルモンバランスの乱れによって他のホルモンの分泌量が減ってしまったり、男性ホルモンが異常に分泌されたりした場合、男性ホルモンの働きがお肌に現れてくることがあります。男性ホルモンは皮脂の生成を促進し、お肌の老廃物を増やす作用があるため、ニキビや肌荒れの原因となります。

ホルモンバランスを正常に保つには

生活リズムの改善

ホルモンの分泌は脳の視床下部という部位が司令塔となっています。脳は睡眠不足や疲れに非常に弱いため、生活リズムの崩れは大敵です。夜は夜更かしせずに早めに寝る、朝はなるべく早起きするなど、理想的な生活リズムを心がけましょう。同時に、熟睡できる環境作りも忘れてはいけません。

ストレスの解消

適度なストレスは脳にとって良い刺激となりますが、多すぎると悪い影響を及ぼし、脳の正常な働きを阻害してしまいます。ストレスの原因から離れる、ストレスを発散できる習慣をつくるなどして、うまくストレスをコントロールしてください。

入浴や運動

身体の働きを司る自律神経もホルモンバランスに影響しています。毎日入浴して身体を温める、軽い運動を習慣づけるなどして体温を上げ、自律神経がうまく作用できるような身体作りを行うと良いでしょう。

まとめ

ニキビなどの肌トラブルを避けるには、それぞれのホルモンの分泌をバランスよく保つことが大切です。ホルモンバランスの乱れにはさまざまな原因があるため、一概に「こうすれば治る」といった単純なものではありません。気負わずに、できることから少しずつトライしてみることがおすすめです。

ニキビコラム一覧