ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

生理前のニキビに要注意!生理前のニキビ・肌荒れの原因と予防法とは?

生理前の女性は、ホルモンバランスの変化によってお肌のトラブルが起こりがちです。毎月生理前にニキビができてしまう…とお悩みの方は少なくありません。生理前にニキビができやすくなる原因や、ニキビを予防しながら生理前を乗り切る方法についてご紹介します。

生理周期とお肌の関係

女性の体の中では、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類のホルモンが分泌されており、この二種類が交互に増えることで生理を起こしたり妊娠のための準備をしたりといった一連の作用が引き起こされています。 エストロゲンとプロゲステロンは女性の生理や妊娠に重要な役割を果たすホルモンですが、同時にお肌のコンディションとも密接な関わりを持っています。エストロゲンはお肌の水分保持機能を高め、お肌にうるおいや天然のバリア機能を与えてくれます。一方でプロゲステロンは、身体の中に水分や老廃物を溜め込み、皮脂の分泌を促進するという作用を持っています。このようなお肌に対する作用を持ったホルモンが生理周期に合わせて分泌されるため、生理周期に合わせて女性のお肌の調子が変化するという現象が起こるのです。

生理前に肌荒れとニキビができやすい理由

女性の体内では、生理開始日を1日目として、およそ14日目に排卵が起こります。排卵が起こった後から次の生理までの期間、急激に分泌量が増えるのがプロゲステロンです。プロゲステロンは皮脂の分泌を活発にさせ、お肌に汚れをたまりやすくしてしまう作用を持っており、いわば美肌の敵となるホルモンです。プロゲステロンは普段の分泌量はそれほど多くないのですが、生理前には一気に大量に分泌されてしまうため、生理前にはニキビや肌荒れといったトラブルが起こりやすくなるのです。

自分の高温期を知ろう

女性の体温は、1回の生理周期のうち、生理初日から数えて前半は体温が低めになる低温期、排卵を挟んで次の生理がやってくるまでの後半は体温が高めになる高温期という自然なサイクルを持っています。このうち、美肌の敵となるホルモン・プロゲステロンが分泌されるのは高温期です。生理周期の何日目から高温期に入るかは人によってそれぞれであるため、一度「基礎体温」を測ってみて、自分の身体のサイクルを知っておくと良いでしょう。自分が何日目から高温期に入るのかを知っておけば、プロゲステロンが分泌されている時期がよくわかり、お肌トラブルへの対策もとりやすくなります。

基礎体温の測り方

毎朝目が覚めた直後、立ち上がらずに寝たまま舌の下で体温を測り、数値をグラフなどで記録していきます。測定環境を揃えるため、なるべく毎日同じ時間、同じような服装で寝起きするようにするとより正確です。

生理前ニキビの予防法

生理前のホルモンの変化は自分ではどうしようもないことです。しかし、ホルモンの変化によってお肌に何が起こるのかを正しく知っておけば、ニキビをうまく防ぐことも可能です。生理前ニキビの予防法をご紹介します。

汚れを溜めない

生理前のお肌はプロゲステロンの作用によって皮脂の分泌が活発になり、毛穴がつまりやすいコンディションになっています。この時期に洗顔を怠って顔に汚れを蓄積させてしまうとニキビが起こりやすくなります。朝晩の洗顔を念入りに行うのはもちろんのこと、メイクを落とさず寝てしまうといった悪い習慣もこの時期には特にNGです。

汗をかく

プロゲステロンの分泌が増えている時期は、身体に余分な水分が溜まりがちになります。この時期に積極的に入浴や軽い運動を行って汗をかくと、お肌から汗とともに老廃物が排出されるだけでなく、毛穴に詰まった汚れが洗い落とされ、ニキビの予防効果が期待できます。

脂っこい食事を控える

生理前に多く分泌されるプロゲステロンには、食欲を増進させる作用もあると言われています。この時期に揚げ物やお菓子など油脂分の多い食べ物をたっぷり食べてしまうと、過剰な油脂分がニキビとなってお肌に現れてしまいます。生理前はうまく食欲をコントロールして、ニキビのもととなる食材を摂りすぎないようにしましょう。

夜更かしを控える

美肌の敵となるプロゲステロンが盛んに分泌されている時、プロゲステロンほどではありませんが、美肌作りの味方となるエストロゲンも同時に分泌されています。プロゲステロンの作用に対抗してくれるエストロゲンをしっかりと分泌させるためには、睡眠を十分にとってホルモンバランスを正常に保たなくてはなりません。一般的にホルモンは夜22時から2時の間に多く分泌されると言われています。お肌の健康のためには、この時間帯には眠りについているのが理想的です。

まとめ

生理のリズムは女性の人生とは切っても切れない関係にあるものです。生理前は、ニキビなどの肌トラブルが起こりがちな厄介な時期。毎月やってくるものだからこそ、ご自分の身体の仕組みや調子に気を配り、うまく乗り切れるようにしておきたいものですね。

ニキビコラム一覧