ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

マスクがニキビの原因になるって本当?

日常的に利用している人も多いマスク。風邪などの予防や花粉症対策など、わたしたちをあらゆる菌から守ってくれるとても便利なアイテムですよね。
しかしながら、マスクがニキビの原因になってしまうかもしれないということを知っていますか?マスクの構造上、使い方に気を付けないと、口周りや顎にニキビができやすくなってしまうのです。

なぜ、マスクがニキビの原因といわれているのでしょうか?その理由をご紹介します。

マスクでニキビができる原因とは?

マスクをつけることでニキビができてしまうといわれる理由は、いくつか挙げられます。 主な原因は、マスクが肌に密着してしまうことにあります。

蒸れによる影響

マスクが密着することで、自分の息や汗で口周りや顎が蒸れてしまうのが原因の一つです。ニキビの原因となるアクネ菌は湿った場所を好むため、蒸れた口元にニキビができやすくなるといわれています。

肌への直接的な刺激

もう一つの原因は、密着したマスクの一部が肌にこすれて余計な刺激を与えてしまうこと。刺激された肌は、皮脂分泌が過剰になる場合があります。ニキビの基本的な原因として、皮脂の分泌が過剰になることがあるため、マスクがニキビの原因といわれているのです。

マスクでニキビを悪化させないようにするポイント

ニキビを予防するためには、マスクの着用は避けたほうがいいですが、風邪や花粉症などでマスクが必要な場合もあります。その場合でも、ニキビを悪化させないよう、気をつける必要があります。
では、具体的にどのようなポイントに気を付ければよいのでしょうか?

マスクの選び方が大切

マスクをつけるときは、マスク選びから気を付けましょう。
まずチェックするポイントは、素材です。通気性がよく、肌に優しい素材を選びましょう。選ぶべき素材は個人の肌質によって変わるため、できればいくつか試して、つけ心地のよいものを選んでみてください。
次に、自分に合うサイズもきちんと確認しましょう。締め付けすぎは蒸れる原因となったり、マスクが肌に触れて刺激になることがあります。逆に、ゆるいものではしっかり雑菌を防ぐことができないためです。肌にふれる面積を少なくするためには、立体的なマスクもおすすめです。 また、衛生面を気遣うために、できるだけ使い捨てのものを選ぶのが望ましいです。いつまでも同じものを使わず、定期的に新しいものに替えましょう。

マスクを定期的に外す

朝マスクをして、1日中つけっぱなしにしている人も多くいるのではないでしょうか。しかし、そうすると衛生的にも悪く、蒸れる原因にもなってしまいます。風邪などでマスクを使うときは仕方がないですが、そうでない場合はなるべく定期的に外すように心がけましょう。できれば1日に数回は取り外して空気を入れ替るのが望ましいです。使い捨てであれば新しいものに付け替えるほうがよいですが、それが難しい場合は、最低でも毎日交換するようにしましょう。

まとめ

マスクをつけることは、蒸れや肌への刺激によってニキビの原因になる可能性があります。しかし、選び方や使い方に気をつけることで、ニキビの発生や悪化を防ぐこともできます。マスクを日常的に使用する方はもちろん、風邪などでたまに使用する方も、マスクのニキビへの影響を知っておくことが大切です。うまくマスクを活用して、健やかな肌を保ちましょう。

ニキビコラム一覧