ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

高校生はニキビができやすい?原因と対策

高校生は、大人と子供のはざまの年代。精神的にも身体的にも大きな変化を迎え、さまざまなことに影響を受けやすい時期です。ニキビなどに悩まされやすい時期ともいえるでしょう。
高校生はニキビができやすいとされるのは、なぜなのでしょうか?
その原因と対策、予防方法などをご紹介します。

高校生にニキビができやすいといわれる理由とは?

高校生はその年齢から、ニキビができやすい時期とされています。その原因はいくつかありますが、主なものとして、変化に富んだ時期であるということが挙げられるでしょう。
高校生は子どもから大人へと成長する真っただ中の時期であるため、体にも心にも大きな変化が起こります。その変化とは、成長を促す成長ホルモンがいちばん活発になることとされています。

成長ホルモンには、大人になるためのプロセスを助けてくれる様々な働きがありますが、その働きの一つに、皮脂の分泌を活発にしてしまうことがあります。皮脂の過剰分泌はニキビの原因となるため、ニキビができやすいといわれているのです。

実はニキビを増えやすくしている原因

高校生は確かに成長ホルモンが活発になりやすい時期でもありますが、それ以外にも意外なところに原因が潜んでいます。以下の2つの行動は、高校生が意外としてしまいがちなことですので注意しましょう。

洗顔のしすぎ

大人へと成長する高校生の時期は、身だしなみにきちんと気を遣うようになります。女性はメイクに関心を持ち始めたり、男性でも髪型や服装が気になったりすることがあるでしょう。そんなときにニキビができてしまうなんて、できれば避けたいところですよね。しかしこの考えが、裏目に出てしまうことも。

ニキビを作らないように、ふだんから洗顔に気を遣っている人も多いと思います。しかし、ごしごしと顔をこすりすぎたり、洗浄作用が強すぎる洗顔料を使ったりするなど、洗顔を過剰にしてしまうのは要注意です。たしかに余分な皮脂はニキビの原因ですが、皮脂を取り除きすぎるとかえって過剰分泌を招いてしまうこともあるので、洗顔料の選び方や洗顔のしすぎに注意しましょう。

睡眠不足

高校生になるとついつい、夜更かしすることもあるかと思います。ゲームや友達との長電話、受験期は遅くまで勉強をしている方もいることでしょう。しかしながら睡眠不足は自律神経を乱してしまい、肌のターンオーバーが不規則になってニキビができてしまうことがあるのです。
また、睡眠は、成長を促す重要な要素として知られていますが、睡眠不足になったからといって成長ホルモンがストップするわけではありません。「寝ないようにして成長ホルモンが少なくなればニキビが減るかも?」という考えは間違いなので、しっかりと睡眠をとりましょう。

高校生ニキビの予防・対策法とは?

できやすいといわれる高校生のニキビでももちろん、予防・対策法があります。ふだんからケアを心がけ、ニキビのできにくい肌を目指しましょう。

洗顔料を選ぶ

洗顔料選びはとても重要です。毛穴のつまりを取り除けて、かつ肌にやさしいものを選ぶようにしましょう。肌質は個人で異なるので、自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。皮膚科で相談してみたりするのもよいでしょう。

保湿をする

保湿もまた、肌を健やかに保つのに欠かせないことの一つです。保湿して肌の調子を整えることでニキビをできにくくしてくれます。

規則正しい生活を送る

食事・睡眠・運動はどれも成長期の高校生にとって欠かせないもの。きちんと食事を摂り、運動をし、しっかり眠るようにしましょう。規則正しい生活が、肌のターンオーバーを整えてくれます。

医師に相談する

思春期のニキビというのは、ほとんどの人が遭遇してしまうものです。いくら規則正しい生活を送ったり、ケアをしていたりしても、ニキビができてしまうこともあります。症状がひどくなってしまった時は、ニキビの専門医や皮膚科に相談してみましょう。きっとあなたの悩み解決をサポートしてくれるでしょう。

まとめ

高校生は変化の時期、たしかにどうしてもニキビができやすい期間でもあります。心配しすぎもよくないので予防・対策をしっかりして、楽しく過ごすように心がけましょう。

ニキビコラム一覧