ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

娘のニキビがひどい、跡を残さないようにするには?

思春期の娘さんをお持ちの人にとって、ニキビは悩みの種になりがちです。将来、娘さんの肌にニキビ跡が残らないか心配の方も多いでしょう。肌にニキビ跡が残ってしまうと、見た目が気になり、成長後の娘さんの悩みの原因になることも。ニキビがひどい時に跡を残さないようにする方法を紹介します。

娘のニキビが心配・・・どうしてひどくなる?

娘さんのニキビが増えやすくなるのは、10代からです。ちょうど思春期にあたり、多くの若者がニキビの悩みを抱え始めます。この頃のニキビは思春期特有のもので、成長とともにホルモンバランスが乱れることが主な原因です。

ニキビができる原因は皮脂と角質

ニキビは、余分な皮脂と古い角質が毛穴に詰まることでできます。皮脂と古い角質が毛穴に詰まることで、皮脂を好む菌が繁殖しやすくなり、炎症を起こすリスクを高めます。

また、ニキビを作る菌は空気を嫌うため、皮脂腺に多く集まり、そこが詰まることでニキビが発生しやすくなるのです。

思春期ニキビがひどくなる原因は過剰な皮脂

思春期になると、男性ほどではないものの、女性も男性ホルモンの分泌が活発となり、ホルモンバランスが乱れがちになります。男性ホルモンは皮脂分泌を促す作用があるため、皮脂が増えることで毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの原因になるアクネ菌を過剰に増やしてしまうのです。

娘のニキビ跡が不安・・・残ることはある?

娘さんのニキビは、思春期のホルモンバランスの乱れによって一定期間続きますが、20代後半までには改善されることが多いものです。しかし、適切なケアをしていなかったりするとニキビ跡が残ってしまうことがあります。

強い炎症でニキビ跡が残ることも

ニキビ跡が残りやすくなるのは、皮膚が炎症を起こして組織にダメージを与えるためです。炎症したニキビは悪化することで、皮膚の深い部分にまでダメージを与える恐れがあります。

皮膚はターンオーバーによって生まれ変わるため、ダメージも小さいものであれば改善が期待できます。しかし、大きなダメージがあると、皮膚のターンオーバーでは回復が難しくなることがあるのです。

思春期のニキビは、強い炎症を伴い長引くことが多いです。 そのため、肌の深い部分が大きなダメージを負ってしまい、ニキビ跡が残りやすくなる恐れがあります。

間違ったケアでニキビ跡が残りやすい

ニキビ跡が残りやすくなる原因には、間違ったケアも大きく関係しています。特に思春期の娘さんの場合には、ニキビを気にしすぎて触ったり、つぶしたりしてしまうこともあるでしょう。また、化粧で隠す方もいるかもしれません。

こうした行為は皮膚にダメージを与えてしまいます。また、お化粧品の汚れが毛穴の詰まりをひどくさせてしまう恐れがあります。

娘のニキビ跡を残さないようにするには?

娘さんの肌にニキビ跡を残さないようにするには、正しいケア方法で優しく肌を整えることが大切です。肌にダメージを与えないように注意しながら、毎日のケアでニキビの原因を取り除きましょう。

触らないようにする

ニキビを触ったりつぶしたりすることは避けて、肌へ強い刺激を与えないようにすることは、ニキビ跡を残さないために重要なことです。

洗顔で肌を清潔にする

ニキビの原因となる余分な皮脂と古い角質は、毎日の洗顔で洗い流します。しかし、ゴシゴシ擦ってしまうと肌を傷つけてしまうため、 優しく洗うことが大切です。洗顔料は肌に合う優しい使い心地のものを選ぶと良いでしょう。

角質ケアには注意を

ニキビができると、さまざまなケアを試したくなるものです。古い角質を取り除くケアも積極的に行いたくなりますが、スクラブ剤入りの洗顔料は肌を傷つける恐れがあるため注意が必要です。

生活習慣でニキビ予防と改善を

不規則な生活や食習慣の乱れなどもニキビの悪化に影響するため、正しいケアとともに生活習慣の改善も行いましょう。生活習慣を改善すると、肌の生まれ変わりのリズムが正常に整い、ニキビ跡のケアにも役立つため、若い頃から良い生活習慣を身につけさせておくことも大切です。 ただし、ニキビ跡がひどい場合やなかなか治らない場合には医師に相談するようにしましょう。

まとめ

娘さんのニキビがひどくなってくると、ニキビ跡が残るのではないかと心配になります。思春期のニキビはホルモンバランスによってできやすくなり、多くの人が経験します。ニキビが増えてきたら、肌にダメージを与えることなく適切なケアを行うことが大切です。将来の娘さんの美しい肌を守るために、ニキビ跡を残さない正しいケア方法を実践しましょう。
ニキビコラム一覧