ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

ニキビが治りにくくなる?ニキビ肌とは

ニキビが治りにくいと見た目も気になりますし、炎症による不快感もあります。また、跡が残ってしまう可能性もあるため、不安も感じるでしょう。ニキビが治りにくいニキビ肌は、若い頃と大人になってからとでは違う原因で起こっているようです。気になるニキビ肌の原因と対策をみてみましょう。

ニキビ肌の原因

ニキビが治りにくいニキビ肌は、大人でも思春期でも多くみられます。思春期の場合は、この時期特有のホルモンバランスの乱れがニキビ肌にしてしまうようです。思春期のニキビは、12~13歳くらいからニキビができやすくなり、高校生にピークを迎えて、20代前半くらいまで続くことが多いとされています。
大人のニキビは、ホルモンバランスの乱れ以外にもメイクや食生活、ストレス、喫煙などが関係しています。 /p>

ホルモンバランスの乱れによる過剰な皮脂分泌

ニキビ肌になりやすいのは、皮脂分泌が過剰になることが原因です。皮脂分泌が過剰になる要因としては男性ホルモンが関係していると言われています。男性ホルモンには皮脂を分泌させる働きがあり、成長期やストレスなどで男性ホルモンの分泌が増えると、皮脂の分泌量も増え、その結果ニキビができやすくなるのです。

古い角質の蓄積

ニキビは古い角質によってもできやすくなります。古い角質が毛穴の入り口を塞ぐことで、毛穴の中に皮脂 と角質がたまってしまうのです。これを角栓と呼びますが、この角栓の周りの皮膚が炎症を起こすとニキビになります。また、ファンデーションなどの化粧品も毛穴を塞ぐ原因になります。

アクネ菌の増加

毛穴に皮脂と角質がたまると、そこに脂質をエサとするアクネ菌が増加します。アクネ菌は皮膚の常在菌であり、普段から皮膚に存在しているものですが、増えることで炎症を誘発する物質を出し、炎症を伴うニキビになります。また、アクネ菌は空気を嫌う「嫌気性菌」のため、塞がれた毛穴の中はアクネ菌にとって快適な環境となるのです。

ニキビが治らない原因

ニキビ肌が治らないのは、さまざまな原因が関係しているためです。原因として考えられるのは成長期に伴うホルモンバラスの乱れや、睡眠不足、偏った食事、過度のダイエット、洗顔のし過ぎによる乾燥などがあります。

大人と思春期では原因が違う

大人のニキビは、生活習慣の乱れやストレス、ホルモンバランスの乱れなど様々なことが原因となります。 しかし、思春期のニキビの原因は、主に成長に伴って起こるホルモンバランスの乱れが中心です。

ホルモンバランスの乱れ

思春期のホルモンバランスの乱れは第二次性徴期に起こりやすくなるものです。この時期は中学生や高校生にあたり、ホルモン分泌が増えていきます。この変化によってホルモンバランスが崩れやすくなり、皮脂の分泌を増やしてニキビ肌になってしまうのです。

大人でもストレスや睡眠不足、女性の生理周期などが原因となり、ホルモンバランスが乱れることがあります。

シャンプーのすすぎ残しやリンスにも注意を

ニキビができやすくなり、治らない時には、シャンプーやリンスなどの刺激にも注意が必要です。シャンプーやリンスが肌に残っていると、それが刺激になり、ニキビができやすくなることもあります。

ニキビ肌の対策は毛穴と皮脂のケア

ニキビ肌は体内外に原因があり、基本的なケアをすることで皮脂分泌を良い状態に保っておくことは大切です。ニキビ肌が治らない方は、皮脂を増やすような行動を避けて、正しいケアをしてみましょう。

生活習慣の見直し

ホルモンバランスをできるだけ整えるような生活を送ることも大切です。ストレスや食生活の乱れは大人にとっても思春期の若者にとっても、ホルモンバランスを乱してニキビ肌にする原因です。過剰な皮脂分泌を防ぐことにもつながるため、ニキビに悩んでいる方は睡眠をしっかりとり、緑黄色野菜や果物類の摂取を心掛けるなど生活習慣を見直してみましょう。

洗顔で肌を清潔に保つ

ニキビ肌は毛穴を清潔に保って皮脂を詰まらせないことが大切です。洗顔は汚れを落として皮脂をためない基本のスキンケアです。丁寧に洗うことはもちろんですが、肌にダメージを与えないように優しく洗うことも必要となります。また、洗浄力が高い洗顔料は肌への刺激となり、逆効果になることも。肌を傷つけて炎症を悪化させないように、優しい使い心地のものを選びましょう。

まとめ

ニキビ肌が治らないで悩んでいる人は、その原因を理解したうえで正しい対策を行うことが必要となります。生活習慣(睡眠不足、偏った食事、間違ったスキンケアなど)を見直し、できるだけニキビを刺激しないように、正しいスキンケアと保湿を行うことで毛穴に皮脂をためないようにすることが大切です。

ニキビコラム一覧