ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

生理前や生理中はニキビが増える?

生理前や生理中に肌トラブルを感じたり、ニキビが増えたりする人は多いです。生理とニキビにはどんな関係があるのでしょうか?また、本当に生理が原因でニキビが増えているのでしょうか?生理前や生理中に生じる女性の体の変化とニキビができる原因をチェックして、生理前や生理中も快適に過ごせる工夫をしてみましょう。

生理前や生理中にニキビが増えるのは本当?

生理前や生理中にはさまざまな理由が絡み合って、ニキビが増えやすい環境となることがあります。女性の体の中では生理周期に合わせた変化が起こっており、それが過剰な皮脂分泌や炎症の原因になるようです。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスは女性の生理周期を司っていますが、生理周期に従って変化することで肌にも影響を与えます。特に、排卵から生理前にかけて分泌が増える黄体ホルモンは、皮脂の分泌を増やして、毛穴詰まりのリスクを高める原因となります。また、肌の保水力を高める卵胞ホルモンは減り、乾燥が角質を固くすることでも毛穴は詰まりやすくなります。

黄体ホルモンで便秘に

黄体ホルモンが増える生理前のタイミングは、その影響で便秘になりやすいものです。便秘もニキビを増やす原因となるため、生理前は便秘のケアを心がけましょう。

生理前や生理中のニキビを予防するには

生理前や生理中にニキビができやすい人は、生活習慣などを工夫して予防してみましょう。外側からのケアも大切ですが、生理によるニキビを予防するには、生理による体調変化の影響を抑えることが重要です。

ストレスを溜めない

生理前や生理中はただでさえ不快な気分になるので、ストレスが溜まりやすいです。しかし、ストレスはホルモンバランスを乱す原因となり、ニキビを増やす恐れがあります。そのため、生理前・生理中のニキビ予防は、ストレスを解消するために十分な睡眠を取り、リラックスして過ごすことが大切です。また、生理開始までの黄体ホルモンが増える時期にも、睡眠をしっかりと取るようにします。

食生活を改善する

生理前や生理中のニキビを予防するには、食生活を改善して、体の内側から健康になることを目指しましょう。まずは、油分の少ないメニューを選び、肌に良い栄養素を取り入れます。生理周期に関わらず、毎日の積み重ねで体内のケアを行うことが大切です。

ビタミン豊富な野菜や果物は、コラーゲンの合成を高めます。また、ニキビの炎症の元になる活性酸素の発生や、皮脂分泌をコントロールする効果も期待できます。野菜ではパプリカや菜の花、ブロッコリー、ほうれん草、果物では柑橘系や柿、キウイ、イチゴなどがニキビ予防に適しています。

また、便秘予防としてヨーグルトや食物繊維が豊富な食材も有効です。ニキビができにくい腸内環境を目指しましょう。

生理前・生理中のニキビを予防する時の注意点

生理前や生理中のニキビを予防するには正しいケアが必要です。ケアする時には注意点を守り、効率よくニキビを予防していきましょう。

サッパリ系のスキンケアに頼り過ぎない

肌は乾燥気味なのにニキビができやすい場合、肌の水分が減っているかもしれません。加齢や生活習慣の乱れによるターンオーバーの停滞などが原因で、細胞の間で水分を保持する機能は弱くなりがちです。乾燥すると肌が固くなるため、皮脂詰まりのリスクが上がります。そのため、サッパリ系のスキンケアに頼り過ぎず、きちんと保湿できるケアアイテムを導入することが大切です。

洗いすぎに注意

洗顔も、やりすぎると必要な皮脂を洗い流してしまい、肌を乾燥させる原因となります。ニキビケアに洗顔は大切ですが、回数を多くしすぎたり、強い刺激の洗顔料を使ったりするのは避けた方が安心です。また、肌に刺激を与えずに汚れを落とせることも、洗顔料を選ぶポイントとなります。

ほかには、油取り紙で頻繁に皮脂を取り去るのもニキビ増加の原因です。顔のテカリが気になる場合にはティッシュで軽くオフする程度にとどめ、油取り紙はあまり使わないようにしましょう。

まとめ

ニキビは女性の生理周期によってできやすくなることがあります。生理前から生理開始にかけてのホルモンバランスの乱れは、肌にも大きな影響を与えて、ニキビができやすい肌環境を作ります。生理によるニキビを予防するためには、適切なスキンケアや体調管理を心がけましょう。

ニキビコラム一覧