ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

妊娠中はニキビが増える?気になる原因と対策

妊娠中の女性はニキビなどの肌トラブルが多くなりがちです。それを、仕方のないことだと思って放置したり間違ったケアをしたりするとニキビ跡が残ることがあるため、適切な対策を行うことが必要です。妊娠中の女性はニキビ対策にもいろいろな制限がありますが、正しい対策を行って妊娠期間を過ごしましょう。

妊娠中の女性とニキビの問題

妊娠していない女性の体内では、生理周期に合わせてエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが交互に優位になります。しかし、妊娠中はこのホルモンのバランスが崩れ、ニキビができやすくなるのです。

ホルモンバランスの種類

エストロゲンは肌の潤いを保つはたらきを持ち、女性の体を女性らしくするホルモンです。生理前から排卵の前までに分泌が活発になり、肌のバリア機能も高くなります。一方、プロゲステロンは黄体ホルモンと呼ばれ、妊娠準備、妊娠を継続するために役立つホルモンです。体温維持や子宮内膜の発育など、妊娠を維持するために多く分泌されます。
妊娠すると、プロゲステロンが優位な期間が続きますが、このプロゲステロンには皮脂の分泌を活発にする作用があるといわれています。そのため、妊娠中はニキビができやすくなると言われているのです。

妊娠初期は特に多く分泌される

ニキビの原因となるプロゲステロンは、妊娠初期(妊娠直後から15週目頃まで)に大幅に増えます。つまり、妊娠初期は特にニキビができる可能性が高くなるということです。エストロゲンが優位になる15週目頃までは肌の状態に注意しましょう。

妊娠中の生活環境とニキビの関係

妊娠中にニキビができるのは、プロゲステロンの分泌量の増加だけが原因とは限りません。生活環境や体調の変化などでもにもニキビのリスクが潜んでいます。

妊娠初期のつわりによる栄養の偏り

妊娠初期に多くなるつわりの症状は、食欲を増減させたり、食の好みを変えたりといった変化をもたらす要因です。極端な偏食が起こることで栄養が偏り、ニキビの原因につながることがあります。甘いものや油っぽいものなど特定の食べ物に執着する人も少なくありません。すると、ミネラルやビタミンなどの美肌に必要な栄養素が欠けてしまいます。

妊娠中のストレス

妊娠中は赤ちゃんの誕生を待つ喜びもありますが、特別な環境におかれることでストレスを抱える場合も多いでしょう。ストレスも肌荒れやニキビの原因となります。妊娠前とは違って思うように動けない体や、体調が優れないのに忙しい出産準備に対し、ストレスを感じることが多くなるでしょう。

便秘

プロゲステロンは便秘を引き起こしやすいホルモンです。また妊娠が進むにつれて大きくなるお腹は胃や腸などを圧迫するため便秘の原因となります。すると、老廃物が排出されにくくなり、有害物質が体の中に溜まって、肌に悪影響を与える可能性があります。

妊娠中のニキビと対策

妊娠中にニキビができてしまった時には、できる範囲で対策をしたいところです。下記のような方法を取り入れながら、少しでもよい肌の状態を保ちましょう。

マタニティ体操でリフレッシュ

適度な運動は妊娠中のストレス解消でもあり、便秘解消にもなります。また、質の高い睡眠を取るためにも運動は有効です。マタニティヨガなどでリフレッシュするのも良いでしょう。妊婦さんと出会う機会もあるため、おしゃべりすることでストレス解消にもなるかもしれません。

食生活は無理なく整える

ニキビ予防に食生活の改善は欠かせません。なるべく野菜などビタミン類を多く摂るようにしましょう。ただし、つわりのつらい時期にはできる範囲で食事のバランスを整えるようにしましょう。

基本のスキンケア

妊娠中は体の変化が大きく体調管理も大変で、スキンケアも怠りがちかもしれません。しかし、基本的なケアだけは行うようにしましょう。刺激の少ないケア用品を用いて、肌を清潔に保つことが大切です。また、メイク用品なども妊娠中のデリケートな肌に合わせて選ぶと良いでしょう。

薬を服用する場合は要注意

妊娠中にニキビができた際、薬の服用を考える方もいるかもしれません。しかし、妊娠中における薬の使用には制限があります。胎児の安全を第一に考えて、生活習慣やスキンケアの見直し、ストレスを溜めない生活を心がけるなど、まずは薬以外の対策から考えていきましょう。
ただし、あまりにも症状がひどい場合には皮膚科に行って相談してみるのもよいでしょう。その際には、現在妊娠中である旨を必ず伝えましょう。

まとめ

妊娠中は体の内側の変化によってニキビができやすくなります。肌の状態を保つポイントは、適切なスキンケアとリラックス状態を作ることです。妊娠中のニキビの原因は妊娠によるホルモンバランスの変化によるものが多く、気にしすぎるとストレスにもなるので、できる範囲の対策で乗り切りましょう。

ニキビコラム一覧