ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

背中と顎で原因が違う? それぞれのニキビができる原因を教えます

ニキビは体中いろいろな場所にできて私たちを悩ませるものですが、できる場所によって原因が違い、ケアの方法も変わってきます。背中や顎などはよくニキビができる場所ですが、主な原因はそれぞれ違いがあるようです。場所ごとのニキビの原因を知り、ニキビ予防に役立てましょう。

ニキビができやすい場所と原因

ニキビができやすい場所には、背中や顎などがあげられます。ニキビができるのは、皮脂腺がある、ホルモンバランスが乱れやすい、外的刺激があるなど、いくつかの条件があります。

ニキビは皮脂腺のある場所にできる

ニキビができるのは、皮脂腺がある場所に限られています。毛穴にある皮脂腺から皮脂が分泌され、その皮脂と汚れなどがアクネ菌と結びつき、炎症を起こすのです。そのため、皮脂腺の少ない部分にはニキビはできにくくなっています。皮脂腺の多い場所は、おでこ、鼻、胸や背中の正中線のあたり。反対に、毛穴のない手のひらや足裏には皮脂腺がありません。

ホルモンバランスに左右される

皮脂はホルモンバランスによって分泌量を変化させます。思春期にもバランスが崩れやすくなりますが、大人になってからもストレスや睡眠不足などによってホルモンバランスが崩れることがあります。

外からの刺激も原因になる

ニキビができるのは、皮脂の分泌が多いためだけではありません。手指が触れたり、髪の毛が刺激を与えたり、乾燥したりといったさまざまな外的な刺激によってもニキビができやすくなります。刺激から守ろうとして肌が角質を厚くすると皮脂詰まりが起こりやすくなりますし、手指の菌や汚れが炎症の原因となることもあります。また、紫外線を浴びたり、スキンケア時に強く擦り過ぎたりといったダメージを受けることもニキビができる要因です。

背中にニキビができる原因

背中は自分の手や目の届きにくい場所で、知らないうちにニキビができていることがあります。背中のニキビは自分では見えないものですが、温泉やプールなど肌の露出が増えるところや薄着のシーズンになると、周りから気づかれてしまい悩ましい存在にもなるでしょう。背中ニキビの原因は以下が考えられます。

皮脂腺があり角質が分厚い場所

背中は、皮脂腺が多く汗をかきやすい場所であり、さらに皮膚の角質層も厚くなっています。そのため、ニキビができやすい条件が揃っていて、悩まされることの多い部位です。

衣類の擦れやムレ

背中はほとんどの時間、衣類に覆われている場所です。衣類が常に触れており、生地と肌が擦れる刺激も多くなります。また、衣類で覆われることで蒸れやすくもなっています。そのためニキビができやすく、治りにくい部位と言えるでしょう。

髪の長い人は毛先の刺激も原因になる

髪の毛の毛先が背中に触れると刺激も起こりやすくなります。シャンプーやコンディショナーのすすぎが不十分な髪の毛が背中に触れるのもニキビの原因です。

洗浄不足

背中は手が届きにくく、洗浄が十分に行えないことがあります。そのため、汚れや古い角質を落としきれず、毛穴の周辺に角質が溜まり、皮脂詰まりが起こりやすいのです。

また、髪を洗った時のシャンプーやコンディショナーなどが背中に残ったままになることも刺激を増やす原因となります。体を洗ってからシャンプーを行うと、その成分が残りやすくなってしまいますので、洗う順番にも気を付けましょう。

顎にニキビができる原因

顎は男性の思春期ニキビ女性の大人ニキビができやすい場所です。また、顎の皮膚のターンオーバーは遅く、ニキビ跡ができると消えにくくなります。つい触ってしまう部位ですが、手で触れることにより炎症が強くなるケースもあり、要注意です。

ホルモンバランスの影響

顎のニキビはホルモンバランスの影響によってできやすくなります。顎は男性ホルモンの受容体があり、皮脂腺も多い場所です。そのため、思春期のホルモンバランスの乱れによって男性ホルモンが増えると、ニキビのリスクも増えます。また、ストレスや睡眠不足によるホルモンバランスの乱れが原因で、皮脂腺が刺激され、皮脂の過剰分泌が起こるのも要因のひとつです。

手指などの接触の刺激

顎は手が触れやすく、無意識に触ったり頬杖を付いたりすることで刺激を与えている可能性が高い部分です。刺激によって角質層が厚くなることでニキビが発生しやすくなります。また、髪の毛が触れることでも刺激を与えることがあります。

紫外線

顎のニキビは紫外線によって肌のバリアが乱れることでも発生しやすくなります。紫外線を受けて乾燥が進みやすい部位なので、日焼けにも注意が必要です。

まとめ

ニキビは、できる場所によって原因が異なるものです。その原因のほとんどは、体内のメカニズムと日常生活の中に潜んでいます。基本的なメカニズムを知った上で場所ごとの原因を避けることによって、ニキビを予防したり回復を早めたりすることができるでしょう。