ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

ニキビ肌のための正しいクレンジング方法とは?

ニキビの原因はさまざまですが、人によっては、その原因を自分で作ってしまっていることもあります。スキンケアやクレンジングの方法を間違えている結果、ニキビができやすい肌になっているケースも。そんなニキビのできやすい“ニキビ肌”のために知っておきたい正しいスキンケア方法をご紹介します。

ニキビ肌の原因って?

ニキビ肌は、主に生まれつきニキビになりやすい肌質のケースと、自分自身で原因を作ってしまっているケースが考えられます。

ニキビになりやすい肌質とは、たとえば乾燥肌や脂性肌などです。乾燥や皮脂の過剰な分泌はニキビの大敵ですが、もともと体質的に肌が乾燥しやすい人や、顔がてかりやすい人もいるでしょう。脂性肌の場合は、皮脂を出す働きが普通の肌に比べて活発だとも言われています。

一方、原因を自分で作っているケースでは、スキンケアや生活習慣の乱れなどが関係しています。スキンケアが疎かであったり、睡眠不足でホルモンバランスが乱れがちだったりと、日常の積み重ねがニキビ肌を作り出してしまっている可能性があるのです。

ニキビ肌のための正しいクレンジング

ニキビの原因が先天的でも後天的であっても、ニキビ肌はクレンジングの選び方によって軽減できることがあります。クレンジングの種類はいくつかありますが、代表的な4つのクレンジングをご紹介します。ニキビ肌に向いているものとそうではないものがあるので、注意が必要になります。

クレンジングオイル

メイクを落とすときによく使われるのがクレンジングオイルです。しっかりと作ったメイクを落とすには最適ですが、実のところ、ニキビにはよくない可能性があります。

ニキビの原因となるアクネ菌は毛穴に詰まった皮脂のほか一部のオイルを好むため、オイルが毛穴に残ってしまうとニキビを引き起こす原因となる可能性があるのです。

拭き取りタイプのメイク落とし

便利な拭き取りタイプのメイク落としですが、ニキビ肌にはあまり適していません。肌を摩擦することでダメージを与えてしまうこともありますし、表面しか拭き取れないため、メイク汚れを残してしまう可能性があるからです。

近年ではしっかりと拭き取れるクレンジングシートも販売されていますが、こちらは強い洗浄力がある分、強い刺激を与えてしまいます。強い洗浄力で本来必要な皮脂まで落としてしまうと、結果として肌が乾燥し、皮脂の過剰分泌を招いてしまう原因にもなるでしょう。

こうした理由から、忙しいときに使うのには便利ですが、毎日使うことはおすすめできません。

ミルククレンジング

肌にやさしく、ニキビ肌に比較的向いているのがこのミルククレンジングです。肌への刺激が弱く、油分も少ないために使い勝手がよいとされています。

ただし、しっかりとメイクをした日にミルククレンジングのみで済ませてしまうと、メイク汚れが残ってしまう場合もあるでしょう。メイクの残りかすもまたニキビの大敵です。ニキビ肌が気になるのであれば、普段はこちらを使って、しっかりとメイクした日にはオイルを使うなど、使い分けるとよいでしょう。

ジェルクレンジング

ジェルクレンジングは種類がいくつかありますが、タイプによってはニキビ肌に適しているもの、適していないものがあります。たとえばオイルを含んでいるタイプは、クレンジングオイルと同じ理由で、ニキビ肌にはあまり向いていません。

このようにクレンジングにもいろいろな種類があります。ニキビ肌に悩んでいる方は、一度ミルククレンジングに切り替えてみるのも良いでしょう。反対に普段からミルククレンジングを使っている場合は、メイク汚れがニキビの原因となっている可能性もあるためクレンジング後の洗顔をいつもよりしっかり行うなど、肌の状態に合わせてクレンジング剤を使い分けると良いでしょう。

ニキビができにくい肌をめざすには

先述したように、ニキビ予防には適切なクレンジングが大切です。しかし、クレンジングだけ気をつければよいというわけではなく、その他にも気を配る必要があります。

たとえば、クレンジングとともに気をつけておきたいのが洗顔です。洗顔料の中には肌への刺激が強いものもありますが、肌が弱い人にとっては肌荒れの原因になってしまう場合も。ニキビ肌にはやさしく使い心地がいい製品を選びましょう。また、汚れを落とそうとしてごしごし洗う人がいますが、それでは逆効果。強く擦ることで摩擦が起こり、それが肌を傷めてしまうこともあります。

その他、適切なスキンケアも欠かせません。肌の乾燥はニキビの大敵ですので、きちんと保湿することを心がけましょう。また、この時にもできれば肌への刺激が少ないものを選び、肌をいたわりましょう。

正しいケアでニキビ予防を

ニキビ予防をするには、毎日のケアが大切です。自分の肌に合ったクレンジングや、ニキビ肌に適した洗顔料などを使って丁寧なケアを心がけましょう。

完全にニキビができないように防ぐことは難しいかもしれませんが、クレンジングやスキンケアに気を遣うだけでも、ニキビを予防できる可能性は上がります。正しいケアを身につけてニキビを予防しましょう。

ニキビコラム一覧