ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

ニキビの色は何を表す?色の種類や症状と対策方法について

ニキビは色によっていくつか種類があり、たとえば赤みがかかったニキビと白みがかったニキビでは症状や対策方法も変わってきます。実際にどんな色があり、それぞれどんな対策法があるのかご紹介しましょう。

ニキビの原因と種類

ニキビは、ちょっとしたことが原因でできてしまうものです。洗い残したシャンプーや洗顔料が汚れとして肌に残ったり、メイク汚れがあったりすることでニキビを引き起こすこともあります。あるいは、普段の食生活や肌の状態などが原因であることも多いでしょう。たとえば偏った食事、特に脂っこいものの食べ過ぎ、肌の乾燥は要注意です。過剰な皮脂の分泌を招き、その余分な皮脂が毛穴に詰まり、ニキビを作ってしまう可能性があるのです。

こうした原因でできるニキビですが、症状の進行度合いによって、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビなどと分けて呼ばれています。ニキビがどれくらい悪化しているのかという進行度をみる指標にもなっているので、それぞれの特徴を知り、対策方法を把握しておきましょう。

白ニキビ

白ニキビはまさに、ニキビの初期症状といったところ。ターンオーバーの乱れなどにより毛穴の周辺の皮膚が厚くなり、毛穴に皮脂や角質が詰まってしまうことが主な原因です。ある日突然ぷくっと白い小さなふくらみができたら、それが白ニキビです。まだ初期症状ではありますが、早い段階でケアをすることが求められます。

白ニキビの対策方法としては、規則正しい生活を心がけること、洗顔料やシャンプーをしっかり洗い流すこと、肌に合わない化粧水やコスメを使わないようにすることなどが考えられます。初期段階のニキビを抑えられれば悪化を予防できるので、日頃から気をつけるようにしましょう。

黒ニキビ

皮脂が詰まって発生する初期の白ニキビが酸化してしまうと黒くなり、それが黒ニキビと呼ばれています。ニキビというより「毛穴の黒ずみ」として考えられていることが多いです。炎症しているわけではないため、痛みはほとんどないでしょう。

この黒ニキビが悪化すると、さらに赤ニキビに変化して炎症してしまう可能性もあるので、できるだけ早く対処する必要があります。

対策法としては、毛穴から詰まった汚れを取り除くことが挙げられますが、無理やり取り除くことはおすすめできません。毛穴の黒ずみを取り除くシートなどは、一時的な処置としては有効ですが、毛穴が広がり、また皮脂が詰まってしまう原因にもなりかねません。だからこそ、丁寧な洗顔を心がけることが重要です。

肌に合った洗顔料を使い、できるだけやさしく肌を包み込むようにして洗いましょう。黒ずみを取り除こうとごしごし洗う人もいますが、それでは逆効果です。やさしく洗うだけでも毛穴の汚れは落とせますから、肌をいたわることを心がけましょう。

赤ニキビ

赤く腫れてしまったニキビは、炎症を起こしているニキビです。ニキビは毛穴に皮脂が詰まってしまうことが原因として挙げられますが、その詰まった皮脂を食べて増殖したアクネ菌が繁殖することで炎症を引き起こします。

赤く腫れてしまったニキビは、見た目も炎症が目立ってしまいますが、状態によっては熱や痛みを伴うこともあるのが特徴です。赤ニキビは白ニキビや黒ニキビが悪化してしまった状態ですが、これが悪化すると、さらに黄ニキビ、紫ニキビといったように変色したニキビになってしまいます。

そして、あまりに悪化するとニキビ跡が残ってしまうこともあるでしょう。初期段階の白ニキビや黒ニキビに比べて治りにくい場合が多いので、できるだけ早めの対策が必要です。

赤ニキビができたときの対策法は、できるだけ触らないようにすること。痛みや炎症を伴うこのニキビはつい触ってしまいがちですが、雑菌を増やしたり、傷をつけて悪化させたりする原因となってしまいます。
刺激の少ない洗顔料で丁寧に洗顔するなど、できるだけ肌にやさしいケアを心がけることが大切です。なかなか治らない場合は、皮膚科に相談しましょう。

黄ニキビ

黄ニキビとは、化膿してしまったニキビのことです。赤ニキビが悪化した結果、炎症の範囲が広がり、真皮層にまで影響を及ぼしてしまいます。皮膚組織が破壊されてしまうため、跡に残りやすい状態です。

紫ニキビ

紫ニキビも黄ニキビと同じく、膿が溜まった状態のニキビのことです。ニキビの中に膿や血が溜まることで紫に見えています。他と比べても重症度が高く、自身での対処は難しいため、皮膚科へ行って治療してもらうのが最善でしょう。

それぞれの症状を理解して正しく対策を

ニキビは色の段階に応じてきちんと対策を練る必要があります。黄ニキビや紫ニキビのように症状が悪化してしまった場合は、皮膚科で診てもらいましょう。

色ごとに症状の違いはありますが、規則正しい生活を心がけ、食生活を整えること、洗顔できちんと毛穴汚れを落とすといったことが、ニキビの予防につながります。日頃の生活に気をつけながら、ニキビができてしまったときは適切な対策をとるようにしましょう。