ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

ビタミンがニキビを予防?ニキビに良いとされる食べ物

ビタミン不足がニキビの原因

ニキビのケアを考えるときは、スキンケアに注目するだけでなく、普段の生活にも気をつけたいところです。たとえば睡眠不足は肌のターンオーバーを狂わせますし、食生活で適切な栄養がとれていない場合は、ニキビができやすい環境を作り出してしまいます。

特にビタミン不足は、ニキビができやすくなる原因の一つです。ビタミンは肌のターンオーバーを整えるなど、肌にとって良い働きをしてくれるからです。中でも注目しておきたいのが、ビタミンB2の働きです。

ビタミンB2不足によるニキビ

ビタミンB2には、皮脂の分泌量を調整する働きがあります。そのため、ビタミンB2が不足すると、皮脂の分泌量が不安定になり、過剰分泌を招いたり、それが要因で毛穴に皮脂が詰まったりと、肌にとって悪い環境を作り出してしまいます。ニキビは、肌の皮脂や古い角質が毛穴に詰まることが主な原因です。そのため、皮脂の過剰分泌を防いでくれるビタミンB2が、ニキビ予防に役立つといわれているのです。

もちろんビタミンB2以外にも、不足することでニキビの原因となるビタミンがいくつかあります。

ニキビ予防に必要なビタミンとは?

ニキビを作りにくくするためには、どういったビタミンをとる必要があるのでしょうか?予防や対策に良いといわれているのは以下のビタミンです。

ビタミンB6

ビタミンB群であるビタミンB6には、ターンオーバーを整える働きがあります。ターンオーバーが正しく行われていないと、古い角質が肌に残ったままになり、そのまま毛穴に詰まってニキビになってしまうことも。そのため、お肌の環境を整えるために、ビタミンB6が良いとされているのです。

また、ビタミンB6にはストレスを和らげる作用もあるとされています。ストレスもニキビの原因の一つといわれますから、予防効果を高める一助となってくれるでしょう。

ビタミンA

ビタミンAにも同じく、肌のターンオーバーを整える働きがあります。積極的に摂取することで、肌の働きを正常に保つことができるようになるでしょう。

ただし注意したいのは、ビタミンAは、摂取し過ぎると健康への悪影響を及ぼすことがあるといわれていることです。普段からきちんと摂取できている方がサプリメントなどで補助すると、過剰摂取になりかねないため、注意しましょう。

ビタミンC

肌によいビタミンとしてよく知られているのが、ビタミンCです。ビタミンCはニキビが悪化する原因である炎症を初期の段階で和らげることができるといわれているため、ニキビ予防に役立つと考えられています。

このように、ニキビを予防・対策するには、こうしたさまざまなビタミンを合わせて摂取することが望ましいとされます。とはいえ、どの食品に何のビタミンが含まれているのかわからない方もいるでしょう。次は、効果的にビタミンを摂取できる食べ物をご紹介します。

ニキビに良い食べ物は?

ニキビ予防、対策にはビタミン類を積極的に摂ることが欠かせません。近年ではサプリも多く出ているため、それらから摂取することももちろんできます。しかし、できれば普段の食生活に取り入れながら、自然に摂取しておきたいものです。それぞれのビタミン別に、摂取できる食べ物をチェックしておきましょう。

たとえばビタミンB2やB6などを含むビタミンB群を摂取できる食べ物には、以下のようなものがあります。

ビタミンB群
  • 鶏むね肉
  • レバ―
  • マグロ
  • イワシ
  • 秋刀魚
  • 納豆などの大豆製品

  • ビタミンB群は、肉類や魚類、大豆製品といった食べ物に多く含まれています。食生活にも自然と取り入れやすいことでしょう。一方、ビタミンAやビタミンCは以下のような食べ物に含まれています。

    ビタミンA
  • ほうれん草
  • にんじん
  • かぼちゃ
  • レバ―
  • ビタミンC
  • ・レモン
  • いちご
  • ピーマン
  • ゴーヤ

  • ビタミンA、Cは野菜やフルーツに豊富に含まれていることがわかるでしょう。その中でも、普段、果物を食べる習慣が少ない方は多いかもしれません。ニキビが気になる方は、朝にフルーツを食べる習慣を付けるなど、意識的にビタミンCを摂取しましょう。

    ちなみに、ビタミンAは脂溶性、ビタミンCは水溶性で、それぞれ脂、水で溶け出す特徴を持っています。そのため、ビタミンAを含むものは油などで炒めて食べると効果的に摂取でき、ビタミンCは水に溶かさないように生で食べたほうがよいとされています。食べ方にも工夫することで、より効果的にビタミンを摂取することができるのです。

    食生活に注目し、ニキビ予防を

    ここで紹介したように、食生活の改善もニキビ予防に役立ちます。特にビタミン類は肌の調子を整え、ターンオーバーを促してくれたり皮脂の量を調節してくれたりと、ニキビ対策に欠かせない働きがあるものです。普段の食生活で積極的にビタミンB、ビタミンA、ビタミンCなどを摂取し、ニキビができにくい肌を目指しましょう。