ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

いつもより跡になりやすい?大きなニキビの対処法

大きいニキビができてしまった

ニキビができてしまうのはただでさえ憂鬱ですが、大きいニキビができてしまったときは、そのつらさも倍増してしまうものでしょう。大きくてかたいニキビは、一般的に「硬結(こうけつ)ニキビ」や「しこりニキビ」と呼ばれており、白ニキビのように芯があるものではありません。どちらかといえばしこりと呼ばれるように、こぶやふくらみができている状態のニキビを指します。

これらは主に顔にできやすく、特におでこや顎などにできる人が多いです。一度できると繰り返しできたり、長期化したりして少し厄介になってしまいます。

大きいニキビができる原因

大きなニキビは、これまでできていたニキビに比べて治りにくく、非常に悪化している状態といえます。たとえばニキビができるとき、アクネ菌が増殖している状態になっていますが、そうなるとアクネ菌を抑えようとする好中球と呼ばれる体内の成分が闘ってくれます。すぐにアクネ菌が死滅すれば問題ありませんが、長い間好中球との闘いが続いてしまうと、毛穴そのものにもダメージを与えてしまいます。この毛穴のダメージを修復しようとしてできる結合組織が固まり、大きくかたいニキビとなってしまうのです。

しかしながら、じつのところこの大きくてかたいニキビは、ニキビではない可能性もあります。たとえば、代表的なものが粉瘤(ふんりゅう)です。粉瘤とは、良性の腫瘍を指しますが、これは皮膚の中に角質や皮脂が入って固まってしまうものです。

また、毛嚢炎(もうのうえん)の可能性もあります。毛嚢炎とは、皮膚の病気の一種で、毛包にブドウ球菌と呼ばれる菌が感染してしこりができる症状のことです。

さらに、マラセチア毛包炎である可能性も否めません。これはマラセチア菌と呼ばれるカビが原因なのですが、毛穴にマラセチア菌が炎症を起こしてしまい、ニキビのように腫れてしまう症状のことです。

大きいニキビは存在感もあり、実際に治りにくい症状なのですが、ニキビでない症状の可能性も高いため、症状が悪化する前に専門医に診てもらうのがよいでしょう。

大きいニキビを潰すと跡に残りやすい?

大きなニキビができてしまうととても気になって、つい潰してしまいたくなる人も多いことでしょう。しかしながら、大きなニキビは潰してなんとかなるものではありません。なぜなら、たとえニキビをつぶしても、膿をすべて出し切ることができないためです。大きいニキビは皮膚の奥深くまで炎症しているものであり、表面上のケアだけで対処できるものではないのです。

そればかりか、潰そうとして圧力をかけることで、かえって皮膚にダメージを与えてしまうこともあります。皮膚にダメージが加わることで、色素沈着を起こし、跡が残ってしまう可能性も高くなります。

「膿んできたニキビは潰したほうがよい」とする意見も散見されますが、悪化させる原因なので控えましょう。

化膿してしまうことも

大きなニキビには「硬結ニキビ」や「しこりニキビ」以外にもいくつか種類があります。たとえば、赤っぽく腫れあがったようなもの、黄色くぷくっと膨れているものなど。これらは赤ニキビ、黄ニキビと呼ばれるものです。赤ニキビは皮膚の炎症によって赤くなるニキビですが、これがさらに悪化すると黄ニキビになってしまいます。

黄ニキビができるのは、炎症した部分に膿が溜まってしまうためです。赤っぽく腫れた大きなニキビを放置すると、このように化膿して黄ニキビになってしまう可能性もあります。また、悪化したニキビは痛みやかゆみを伴う場合もあり、治った後も跡にも残りやすいです。

大きいニキビをきちんときれいに治すには、ある程度の時間が必要になります。潰したり触ったりしていると、ますます治りが遅くなってしまうため、焦らず正しいケアをすることが必要です。

日頃のケアで予防しよう

大きなニキビができないように、日頃の生活にも十分気をつけたいところです。たとえば、洗顔をするときは肌を刺激しないようにやさしく洗う、顔を洗った後は保湿する、といったことは欠かせません。なかには、ニキビ予防に特化した、保湿ができる洗顔料もあるため、ニキビに悩んでいる方はこういったタイプの商品を選ぶのもおすすめです。

また、ニキビができると気になってしまうかもしれませんが、症状を進行させないためにも、なるべくコンシーラーやファンデーションでカバーするのも控え、油分の少ないコスメを選ぶよう心がけましょう。

ほかにも、食生活の改善や睡眠時間の確保など、生活習慣の改善がニキビ予防につながることもあります。それでも大きなニキビができてしまったときは、早めに専門医に相談しましょう。