ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

髭剃りがニキビに悪影響

肌荒れは女性の悩みというイメージが強いかもしれませんが、男性にもニキビや肌荒れに悩んでいる方が大勢います。特に男性特有の習慣である「髭剃り」は、顎にできるニキビの原因の一つに。そんな髭剃りによる男ニキビについて、発生するメカニズムと対策方法をご紹介します。

髭剃り後に肌荒れしてしまう男性の悩み

男性にとって、カミソリや電気シェーバーを使った髭剃りは欠かせない毎日の習慣でしょう。しかしこの何気ない日々の行動が、お肌の健康状態に大きな影響を与えます。

髭を剃った後に、お肌が赤くなったりかゆくなったり、ヒリヒリと痛んだり…。いわゆる「カミソリ負け」に悩んでいる男性も多いのではないでしょうか。これは髭剃りによってお肌がダメージを負っている証拠。ダメージを負った肌は、乾燥やニキビといったさまざまな肌トラブルを引き起こすことがあります。お肌が修復される前にまた髭剃りを行うため、さらに悪化してしまう悪循環に陥る方も少なくありません。

とはいえ見た目の清潔さをキープするためにも、毎日の髭剃りをやめるというわけにはいかないものです。「なぜ髭剃りで肌が荒れるか」をしっかりと把握し、適切な対策をとることでニキビの予防・改善に繋げることができます。

男ニキビができるメカニズム

では、なぜ髭剃りをすると男ニキビができやすいのでしょうか。髭剃りとニキビ、一見あまり関連性がないように思えるかもしれませんが、実は意外に関係することも。

髭剃りを行うということは、肌に刃を当てるということ。カミソリの刃は、髭や皮脂だけでなく肌の角質層も一緒に削り取ってしまいます。

角質層とは?

人間の肌は、「表皮」「真皮」「皮下組織」で構成されており、一番外側にあるのが表皮です。表皮は約0.2ミリのとても薄い膜ですが、さらに外側から「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」という4つの層で構成されています。角質層の役割は、「細菌やウイルス、外的刺激から肌を守ること」「皮膚の水分の蒸発を防ぐこと」という2つ。お肌を守るバリアのような役割と言えばわかりやすいでしょう。

しかしこの角質層が、カミソリの刃によって削られてしまうとどうなるでしょうか。薄くなった部分から角質層の水分が蒸発しやすく、お肌が乾燥してしまいます。

またバリア機能の低下によって雑菌など異物が侵入しやすくなり、外部からの刺激にも弱くなってしまうこともあります。

するとお肌の防御反応によって、乾燥を防ぐために皮脂が分泌されやすくなります。過剰な皮脂は、雑菌と混じり合って毛穴を詰まらせる原因に。より毛穴に皮脂や雑菌が溜まりやすくなってしまいます。そこにアクネ菌が増殖し、ニキビが発生してしまうというわけです。

髭剃り後に肌荒れしないためには?

お肌に負担を与えるからといって、髭剃りをやめることはなかなかできませんよね。
しかしお肌に負担をかけない方法で髭剃りを行うことによって、肌荒れやニキビを発生しにくくすることができます。

そこで、髭剃り後に肌荒れしにくい5つのポイントをご紹介しましょう。ちょっとしたひと手間でお肌の状態を改善できるので、ぜひ試してみてください。

1.髭を温めて柔らかくする

髭剃りの前には、まず洗顔をしてお肌を清潔にし、蒸しタオルなどを髭に当ててください。温めることで髭が水分を吸収しやすく、柔らかくなり、力を入れなくても剃りやすくなるため、お肌への負担が軽くなります。

蒸しタオルは、濡らしてよく絞ったタオルをレンジで温めることで作れます。熱くなり過ぎないよう温度に気を付けてください。

2.きちんとシェービング剤を使用する

面倒だからと何もつけないで髭剃りをする方もいますが、これはNG。乾燥したお肌に直接カミソリの刃が当たると、傷がつきやすくなります。泡タイプやジェルタイプのシェービング剤を毎回使用しましょう。髭に水分を供給し柔らかくなり、また、シェービング剤がクッションとなり、カミソリの滑りがよくなってお肌との摩擦が軽減されます。

3.剃る時は毛の流れに沿って

力を入れて縦横無尽に剃るのではなく、上から下に向けて毛の流れに沿うように剃っていきましょう。仕上げにどうしても剃れなかった部分を、逆剃り(毛の流れとは逆の剃り方)してください。この時も力が入りすぎないよう、優しく剃るように心がけましょう。

4.髭剃り後は保湿ケアを

髭剃り後のお肌は、大変デリケートな状態です。乾燥しやすい状態になっているので、そのままにしておかず化粧水や乳液で保湿してあげましょう。しっかりと潤いを与えてあげることで、傷ついたお肌もバリア機能をキープしやすくなります。

5.カミソリのお手入れも忘れずに

どんなに剃り方に気を付けてもカミソリが汚れていると、そこから雑菌が付着しやすくなってしまいます。使い終わったら毎回きちんと洗浄し、よく乾かして保管しておきましょう。また刃が古くなるとお肌を傷つけやすいので、定期的に交換するようにしてください。

髭剃りによる肌荒れは、男性にとって大きな悩みの種となります。しかしちょっとした心がけで、髭剃り時の肌への悪影響を最小限に留めることも可能です。男ニキビにお悩みの方は、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてください。