ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

背中ニキビは入浴時にケア

背中は普段なかなか自分で見る機会がないため、気が付いた時にはニキビがかなり悪化していた…ということも。特に薄着になる季節には、背中ニキビは気になりますよね。お風呂は背中ニキビをケアする絶好の機会です。毎日のバスタイムを有効に使い、つるつるの背中を目指しましょう。

背中ニキビができてしまう原因

そもそも、背中は体の中でも比較的ニキビができやすい部分です。背中ニキビも顔と同様に毛穴に皮脂が詰まってニキビの原因菌が増殖することで発生しますが、背中は皮脂腺が多い上に汗で蒸れやすいのが特徴。しかも皮膚が硬くて厚く、ニキビができやすい条件が整っています。背中ニキビを発生させる主な要因を見てみましょう。

皮脂の過剰分泌

睡眠不足に陥ったりストレスを感じたりすると、自律神経が乱れて交感神経が活発になり、男性ホルモンが多く分泌されます。男性ホルモンは皮脂の過剰分泌を促すため、皮脂腺の多い肩甲骨周辺を中心にニキビが発生しやすくなります。また炭水化物や動物性脂肪ばかりの偏った食事も、ホルモンバランスを崩し皮脂の過剰分泌を促進させます。

うまく洗えていない

背中は手が届きにくいため、入浴時にきちんと洗えておらず、皮脂や古い角質、石鹸が残ったままになることも少なくありません。これらの汚れが毛穴に詰まり、皮膚の表面の角質層が厚く硬くなることで、ニキビが発生してしまいます。

また、逆にゴシゴシと洗いすぎることもニキビの原因に。背中は顔に比べて乱暴に洗いがちですが、力強く洗うと角質層が傷つき、乾燥して炎症が進みやすくなります。

衣類による蒸れや摩擦

通気性の悪い服を着ていると、汗が蒸れてニキビになることがあります。特に寝ている間は背中が敷布団に密着しているので汗が溜まりやすく、ニキビの原因菌が活性化しやすい状態に。また下着の締め付けや摩擦が刺激となり、ニキビを発生させることもあります。

入浴時にできる背中ニキビケア

背中ニキビの改善には、原因となる皮脂や汗を落として清潔な状態をキープすることが大切です。そのため、毎日のバスタイムはとても重要。ちょっとした心がけが、背中ニキビのケアになります。いつもの入浴方法を見直すだけで背中ニキビの予防・改善に繋がるので、ぜひ試してみてください。

洗う順番は頭→体

体を洗った後にシャンプーやリンスをすると、せっかくキレイになった背中にシャンプーのすすぎ残しが付着して毛穴を塞いでしまいます。まずシャンプー・リンスを済ませてから体を洗うようにしましょう。

頭を洗う際も、できれば髪を前方に垂らして背中にかからないように洗ってください。髪の毛の長い人は、洗い終わったらクリップなどで髪をまとめておくと良いでしょう。

体に優しい石鹸で丁寧に洗う

石鹸は、肌にやさしいタイプのものがおすすめです。そして体を洗う時は、ナイロンタオルなどでゴシゴシと洗うのはNG。皮脂や汚れを落とすことは大切ですが、肌を傷つけてしまいバリア機能が低下し、余計に炎症が悪化します。擦りすぎないよう、丁寧に優しく洗っていきましょう。

お湯の温度に注意

熱いお湯なら皮脂も落ちるだろうと考える方もいますが、熱すぎるお湯は肌に必要な皮脂まで根こそぎ落としてしまいます。余計にニキビが悪化してしまうため、40℃以下の熱すぎないお湯で丁寧に体を流しましょう。

時々ピーリングを行う

ピーリングとは、薬剤などで肌に残った古い角質を落とし、ターンオーバーを促進させる方法のこと。フルーツ酸(AHA)やサリチル酸といったピーリング成分が入った石鹸などを使用し、自分で背中の角質を落としてみましょう。

ただしやりすぎは禁物です。また、ピーリング後は肌がとても敏感になっているので、しっかり保湿してください。

背中ニキビには保湿がとっても大切

顔はしっかり保湿するけど、背中の保湿までは考えたことなかった…という方も多いのではないでしょうか。背中も顔と同様、ニキビのケアとして保湿が欠かせません。

なぜなら、乾燥は全ての肌トラブルの大敵だからです。肌の表面が乾燥するということは、バリア機能が低下して紫外線や細菌など外部からの刺激に弱くなるということです。すると肌を保護しようとして体が皮脂を過剰に分泌するため、ニキビの大きな原因に。また乾燥が続くと肌のターンオーバーが乱れ、ニキビが治りにくくなります。

特に背中の場合、ゴシゴシと擦り洗いをしたり汗をかいたまま放置したりすることが多いため、意外と乾燥しやすい状態になります。かゆみを伴うニキビの場合は、乾燥が原因になっていることが多いでしょう。表面は皮脂でベタついていても、肌の奥はカラカラに乾燥しているということも少なくありません。

また背中の皮膚は厚く、水分不足によって角質層が硬くなりやすい部位だと考えられます。肌が硬くなってしまうと毛穴が塞がりやすくなり、ニキビの発生・長期化の原因にもなりかねません。そこで保湿して肌を柔らかくしておくことで、毛穴を詰まりにくくすることができるのです。肌の状態を整えるためにも、しっかりと潤いをキープしましょう。

背中ニキビのケアは、清潔にすることと保湿がポイントとなります。毎日のバスタイムは、その両方を行える大切な時間。背中を優しくキレイに洗い、しっかりと保湿してニキビのない肌を手に入れましょう。

ニキビコラム一覧