ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

男性と女性のニキビのでき方の違い

ニキビは男性にも女性にもできるものなので、多くの場合は原因が共通しています。
ただし、ホルモンバランスや女性特有の原因により男性と女性のニキビのでき方が若干異なる場合もあります。
では、男性と女性それぞれのニキビのでき方について詳しく見ていきましょう。

男性と女性別ニキビの原因

男性のニキビのでき方

男性のニキビができる原因は、ストレスや生活習慣の乱れ、紫外線などさまざまなものが考えられます。
その原因のなかでも、自分でコントロールしにくいのがホルモンバランスです。
ホルモンのなかで特にニキビの原因となるのは男性ホルモンであるといわれています。男性ホルモンが多く分泌されると、皮脂分泌が過剰になるだけではなく角質が厚くなり、毛穴が狭くなることがあります。そのため、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、そこへニキビ菌が増殖してニキビの発生を引き起こしてしまうのです。

こうした男性ホルモンの影響を受けやすいのは、特に顎や口の周りなどヒゲが生える部分です。男性の場合、男性ホルモンは常に分泌されているため、一度ニキビができると治りにくい上に重症化することが多いという特徴もあります。

女性のニキビのでき方

女性のニキビの場合も、ストレスや生活習慣、紫外線といったニキビの原因については男性とあまり相違がありません。
女性のニキビの原因として特徴的なのも、やはりホルモンバランスの乱れ,でしょう。

実は女性の体にも男性ホルモンが分泌されており、普段は女性ホルモンの方が優位に働いています。
しかし、ストレスや生理などの影響を受けるとホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンが減少するために男性ホルモンが優位になる場合があるのです。
このように、女性でも男性ホルモンが原因のニキビの場合は、顎や鼻の下あたり、つまり男性ならヒゲが生える場所にニキビができる傾向にあるとされています。

このような男性ホルモンによってできたニキビは、ホルモンバランスを整えて女性ホルモンの分泌が正常になれば比較的改善が見込めます。
そのため、男性と比べて重症化する可能性も低いといえるでしょう。

女性は化粧によってニキビを悪化させてしまうことも

その他、女性特有のニキビの原因として、化粧があります。
肌に直接触れるファンデーションなどの成分が皮脂と混ざって毛穴に詰まり、ニキビを悪化させる可能性があるのです。
化粧をすることでニキビができやすい理由を細かくみていくと、以下のようなことが考えられます。

スポンジやブラシをケアしないまま使う

ファンデーションを塗るスポンジやチークを塗るブラシなどは、毎日使うにもかかわらずなかなか洗わないものです。しかし、スポンジやブラシについた汚れは、酸化して雑菌を繁殖させやすくします。
その雑菌がスポンジなどから肌に移って増殖してしまい、肌荒れへと繋がることがあるのです。

このようなスポンジやブラシによるニキビを防ぐためには、できるだけ頻繁に専用クリーナーなどで洗ってよく乾かしておくことが大切です。

開封から時間が経った化粧品を使ってしまう

化粧品全般にいえることですが、化粧品は一度開封すると空気に触れて酸化が進みます。その酸化が進んだ化粧品を使うことで肌に刺激を与え負担となりニキビができやすくなる場合があります。

多くの化粧品には防腐剤が含まれているため比較的長く使えますが、開封した化粧品についてはおおよそ半年以内に使い切るのが無難です。

また、防腐剤不使用の化粧品には使用期限が設けられています。その期限の表記をよく確認して、期限までに使い切るようにしましょう。

帰ったらすぐに化粧を落とすこと

化粧をした後の注意点としては、家に帰った後にすぐ化粧を落とすことが重要です。
化粧をしたまま外にいることで、化粧品に皮脂や角質、またほこりなどの汚れが混ざり合った状態になります。
こうした状態を放置していると皮脂や汚れが酸化し、ニキビの原因になる可能性があるのです。

そのため、帰ったらできるだけメイクを早く落としてきちんと洗顔と保湿を行い、乾燥を防ぐようにしてください。

男性は洗顔のしすぎや保湿が足りないことが原因でニキビが悪化してしまう

男性は女性よりも皮脂分泌が多いため、洗顔料も洗浄力が高いものが多く販売されています。
また、皮脂が気になって何度も洗顔する人もいるでしょう。

しかし、ただでさえ洗浄力が強い洗顔料で何度も顔を洗うと、本来皮膚に必要な皮脂まで取り去ってしまい、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。
これにより皮膚が乾燥しがちになり、ターンオーバーが崩れて老廃物がたまりやすくなるだけではなく、皮膚を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。
そして、男性の場合は化粧水などのスキンケアをする習慣があまりないことから、皮膚が乾燥してもそのまま放置してしまうことが多いものです。
こうした原因によってニキビができやすくなり、すでにできている場合はより悪化させてしまう可能性もあるのです。

男性がニキビを防ぐためには、洗いすぎや洗顔料の刺激に気を付けたり、洗顔後に保湿をすることで肌が乾燥しないように心がけるとよいでしょう。

ニキビコラム一覧