ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

肌のバリア機能とニキビの関係

ニキビの原因のひとつとして、肌のバリア機能の低下があります。
バリア機能は、私たちの肌を外的刺激から守ったり水分を閉じ込めたりする重要な役割を担っています。

今回は、ニキビ肌とバリア機能の関係、またバリア機能を回復させるための対策などをご紹介します。

肌の角質層が持つバリア機能

肌のバリア機能とは、肌表面にある水分を蓄えた角質層が、肌の乾燥や外部刺激から肌を守る役割のことです。

私たちはほこりや紫外線などの外的刺激にさらされて生活しています。バリア機能が低下していると肌の内側の水分を保持出来なくなるため乾燥してしまい、外的刺激にも弱い状態になります。また、乾燥してターンオーバーが乱れると、角質層が厚くなることで毛穴が狭くなり、皮脂や古い角質が毛穴に詰まって雑菌の繁殖につながり、ニキビができてしまうことがあります。ニキビを作りにくい肌をキープするためには、肌のバリア機能を正常に働かせることが大切です。

そのためには、まず角質層に水分を十分保った状態が不可欠です。そして、その水分保持のためには、下記3つが必要です。
皮脂膜

皮脂膜は皮脂腺から分泌される皮脂と汗が混ざり合ってできているもので、お肌の表面をコートし、水分が出ていくのを防ぐ役割を果たしています。

NMF

NMFとは天然保湿因子ともいわれ、角質層の中で水分をとどめるために機能します。

セラミド

セラミドは、角質細胞の間を埋めるように存在する脂質です。そのため角質細胞間脂質とも呼ばれ、水分を保持している細胞同士をぴったりくっつけるセメントのような役割を果たします。

そして、これらの要素を正常に働かせるためには、新しい肌を作るサイクルであるターンオーバーが正常であることが大切です。
ターンオーバーの乱れによりバリア機能を保つことができなくなると、先述したようにニキビの発生へと繋がってしまう場合もあります。

バリア機能低下の原因は?

では、バリア機能が低下する原因としては、何が考えられるでしょうか。

外的刺激がもたらす乾燥

外気の乾燥や紫外線の影響によって、角質層の水分が失われて細胞間に亀裂ができてしまうと、バリア機能が崩れてしまい、さらに肌の水分が逃げやすくなります。
その結果、肌はより乾燥した状態になってしまいます。

スキンケアの方法が間違っている

洗顔するときにゴシゴシとこすってしまったり十分な保湿を行っていなかったりすると、角質層にダメージを与えてしまいかねません。
また、洗浄力の高い洗顔料を使っていると、本来バリア機能に必要な皮脂まで洗い流す可能性もあります。

ストレス

ストレスを受け続けると、自律神経のバランスが乱れて血流が停滞したり免疫力が低下したりといった現象が起こります。

出産による体調の変化

出産は、女性の体にさまざまな変化をもたらします。
産後およそ2ヵ月前後は産褥期と呼ばれ、母体が徐々にもとの状態に戻る時期です。
その間に皮脂分泌が停滞したり、外的刺激を受けやすくなったりといった現象が見られます。

上記にあげたような要素は、いずれも肌のターンオーバーを乱す原因です。
その結果バリア機能が低下してしまい、ニキビができやすく治りにくいニキビ肌を作ってしまうのです。

ターンオーバーの正常化でバリア機能を回復

肌のバリア機能を保持するためには、まずターンオーバーのサイクルを正常化する必要があります。
では、ターンオーバーを正しい状態に導くためには、どのような対策をとればよいでしょうか。

保湿をしっかり行う

前述でも触れているとおり、肌の乾燥状態を作る要因は外的刺激や誤ったスキンケアなどさまざまです。
そのため、まずは、紫外線対策ややさしく洗顔することなどを心がけましょう。
また、洗顔後は水分が蒸発しやすいので、間を置かずに保湿ケアをしましょう。
保湿効果が期待できる洗顔料を使用するのもよいでしょう。

食事に気をつける

ターンオーバーのサイクルが崩れる原因には、肌の細胞を作り出すための栄養素が不足していることもあげられます。
肌の細胞を生成するためには、原料となるタンパク質のほかに組織を生成する手助けをするビタミンやミネラルなどの栄養素が必要です。
そのため、これらの栄養素を含んでいる肉や魚、野菜類などをバランス良く食べ、肌に栄養を行きわたらせるように心がけるとよいでしょう。