ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

ニキビが気になる人の日焼け止め選び

暑い夏のシーズンに欠かせないアイテムである、日焼け止め。日焼け止めは肌の日焼け予防だけではなく美肌を保つために大切なスキンケア商品です。
本記事では、ニキビが気になる人の日焼け止め選びとその塗り方のポイントについてご紹介していきます。

夏はニキビができやすい!

夏は、ニキビが発生しやすいシーズンです。なぜ、夏はニキビが発生しやすい季節といわれるのでしょうか。

紫外線が肌にダメージを与える

肌に影響を与える紫外線として、「UVA波」と「UVB波」があります。
UVA波は波長が長く、肌の真皮層にまで奥深く到達します。肌に対してすぐに急激な変化をもたらす波長ではありませんが、長い時間をかけて肌にダメージが蓄積します。
UVB波は波長が短いためエネルギーが非常に強く、すぐに肌にダメージを与えてしまいます。日焼け、シミやくすみなどの色素沈着の原因となります。
また、これらの紫外線は、肌を乾燥状態にさせてしまいます。乾燥した肌は肌表面を守るために皮脂の分泌量が増え、ニキビを誘発する原因となるのです。

冷房や冷たい食べ物を摂取することによる体の冷え

夏の暑さを和らげようとエアコンが効きすぎた部屋に長時間いることで、真夏でも体は冷えてしまいます。 また、体内の熱を逃さないために皮脂分泌が活発化し、過剰な皮脂が毛穴詰まりを引き起こしてニキビの原因となることもあります。

さらに、体内の冷えをもたらすのは冷房機器だけではなく、夏場の飲食も要因となります。夏に摂取する機会が多くなるアイスやスイカを始めとする冷たい食べ物の過剰摂取は、体を冷やすため、食べ過ぎには注意しましょう。

日焼け止め選びの注意点

夏特有の暑さが要因となり、夏場はニキビが発生するリスクが高くなるといわれています。 特に、ニキビを含めた肌トラブル発生の可能性が高くなります。
そのため、日焼け止めによる紫外線対策は欠かせません。 下記にご紹介する日焼け止めの選び方・塗り方のポイントを抑え、より効果的に紫外線対策しましょう。

保湿成分の入った日焼け止めを選ぶ

日焼け止めを選ぶとき、「SPF」や「PA」だけを重視して選んでしまいがちですが、肌の乾燥を防ぐため保湿効果のある日焼け止めを選ぶことも大切です。

日焼け止めは外出の20~30分前に塗る

外出の直前に塗ると日焼け止めが肌に馴染まないため、紫外線カットの効果を最大限に発揮できません。そのため、外出する約30分前までに塗ることをおすすめします。

むらがないように塗る

せっかく日焼け止めを塗っても、塗り方にむらがあると肌の一部は紫外線から守ることができません。おでこ・あご・鼻・頬などのポイントに日焼け止めを少量ずつのせ、そこからそれぞれ丁寧に塗り伸ばすようにすると、むらになりにくいでしょう。
ジェルやミルクタイプなどの伸びの良いものを選びましょう。

こまめに塗りなおす

日焼け止めは、汗などによって流れ落ちてしまいます。そのため、汗をかいた後やタオルでふいた後は、忘れず塗りなおすことが大切です。外出先で塗りなおすためには、持ち歩きやすいサイズの日焼け止めを選ぶこともポイントです。

擦りこまずにやさしく塗る

塗り方の癖で擦りこむように塗ってしまう方がいますが、日焼け止めが伸びすぎてしっかり塗ったつもりがむらになってしまっていたり、肌への刺激を与えてしまうこともあるため、優しく肌表面に伸ばすように塗りましょう。

古い日焼け止めは使わないようにする

日焼け止めはなるべくシーズンごとに購入し、使い切るようにしましょう。

まとめ

夏は紫外線が1年の中で最も多くなるシーズンとなり、非常に大きな肌へのダメージをもたらします。そのため、ニキビを予防するためには日焼け止めの使用が欠かせません。
正しい日焼け止めの塗り方のポイントを意識して、効果的な紫外線対策をしましょう。