ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

ニキビ対策!夏におススメの飲み物

皆さんは普段、どんな飲み物を好んで摂取しますか?
様々な種類の飲み物が開発されている昨今、その選択の幅はますます広がっています。特に夏のシーズンは、水分補給をする機会やその量も多くなると思います。
本記事では、飲み物に含まれる栄養成分とニキビの関係性についてご紹介していきます。

飲み物に含まれる注意すべき成分とは?

普段飲み物に含まれる成分を確認することはあまりないと思いますが、飲み物に含まれている成分の中でもとくに過剰摂取に注意が必要な成分は、「糖分」「人工甘味料」「カフェイン」の3つです。

糖分

糖分の過剰摂取によって血糖値が急激に上がると、皮脂の分泌を促し、ニキビ発生の原因となります。それだけではなく、糖分は美肌キープに必要なコラーゲンに影響を与えます。その結果、肌荒れなどの肌トラブルを引き起こすことがあります。
糖分が多い飲み物として代表的なものは、甘い炭酸水、ジュース、スポーツドリンクなどです。500mlのペットボトル1本分の炭酸飲料には、10個以上の角砂糖が含まれているものもあります。甘い飲み物は美味しくてついつい飲んでしまいがちなので、注意が必要です。

人工甘味料

砂糖の代わりとして使用されることが多いのが、人工甘味料です。原材料としてはスクラロースやアスパルテームといった成分が代表的ですが、これらは過剰に摂取すると腸内環境を乱すことがあると言われています。
とはいえ、ジュースはもちろん、様々な飲み物に人工甘味料は含まれているため、避けることは難しいでしょう。そのため、量を調節することが大切です。

カフェイン

カフェインには利尿作用があり、水溶性のビタミンやミネラルが尿とともに排出されやすくなります。特にビタミンが不足すると皮脂の過剰分泌を引き起こして毛穴を詰まらせるリスクが高まります。
また、カフェインには気分を高揚させる効果があると言われていますが、過剰摂取によってイライラや疲労感を感じやすくなるとも言われています。
カフェイン量が多い飲み物として注意したいのは、コーヒー、コーラです。カフェインが体に作用しやすく、コーヒーに入れる角砂糖やコーラに含まれる糖分も同時に摂取するため、肌トラブルを引き起こす可能性があるのです。

ニキビが気になる方は温かい飲み物がおすすめ

上記でご紹介した成分の過剰摂取を避けることはもちろんですが、ニキビが気になる方はなるべく冷たい飲み物を避け、常温か温かい飲み物を選択するとよいでしょう。 冷たい飲み物の摂取で体内が冷えると、基礎代謝が落ち、血行不良によって便秘や肌のターンオーバー機能を低下させます。温かい飲み物は血行を促進し、肌のターンオーバーを正常化して肌を乾燥から守ってくれるのです。

ニキビに良い成分が豊富な飲み物とは?

ニキビ肌に悩む方にはぜひおススメしたい飲み物として、2つご紹介します。

豆乳

豆乳の原料である大豆に豊富に含まれているイソフラボンという成分が、スキンケアを手助けしてくれます。

はと麦茶

はと麦茶は、ヨクイニンという成分を含んでいます。ヨクイニンとは、イネ科の麦の一種であるはと麦の皮をとった種子を乾燥させた生薬です。ヨクイニンはイボ取り効果が高い成分として有名ですが、肌の新陳代謝を促進する効果が高いとされているため、ニキビを含めた肌トラブル対策をサポートできるのです。はと麦茶にはヨクイニンの他にも、ビタミンB、ビタミンE、アミノ酸など成分が含まれており、夏におすすめしたい飲み物です。

手作り野菜スムージー

肌トラブル改善には野菜の摂取は欠かせませんが、毎日野菜を摂取することが難しい人もいると思います。野菜ジュースでの代用もできますが、糖分や人工甘味料が多く含まれているものもあり、生野菜に比べて効果が下がります。そのため、朝だけでも野菜スムージーを作るのがおススメです。野菜や果物を水と一緒にミキサーに入れるだけで簡単に作ることができます。

まとめ

夏のシーズンは、熱中症対策としても飲料水の摂取頻度が多くなります。好みの飲み物の摂取量が多くなり、飲み物の多様化によって新しく発売された飲み物に挑戦する人もいるでしょう。しかし、配合されている成分によっては、その過剰摂取で肌トラブルを引き起こす可能性も否定できません。ニキビ肌に悩む方は飲み物を上手に選択するようにしましょう。