ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

毎日の生活習慣がニキビの原因に?

日々の当たり前の生活習慣が、ニキビ発生の原因になっていることがあります。たとえば、タバコの吸い過ぎは体に良くないということをほとんどの人が認識していると思いますが、ニキビの発生にも関係している可能性があることをご存知ですか?
今回はタバコがどのようにニキビに影響するのか、そして日常生活の中に隠されているニキビの原因についてご紹介します。

タバコとニキビ の関係

肌には、皮膚を保湿したり、雑菌から肌を守ったりする役割を持つ皮脂膜というものがあります。きれいな肌のためにはこの肌を守ってくれる皮脂膜が健康な状態にしておくことが大切です。
タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させて血行が悪くなる作用があります。これは、肌の老廃物がうまく排出されない原因のひとつとなり、ニキビの発生や炎症につながってしまうことがあります。

そして、タバコはニキビだけではなく肌老化にも影響があると言われています。
若い頃は気にしていなかった肌の悩みが、年を重ねるごとに目立ってきます。本来は加齢とともに肌老化が進みますが、タバコを吸う人は吸わない人に比べて、深いシワや肌のくすみなどさらに肌老化が促進すると考えられています。
またタバコの影響は、肌老化に加え、歯の変色などにも及び、その喫煙者特有の顔付きは“スモーカーズフェイス”とも呼ばれています。

タバコ以外のニキビの原因

喫煙によるニキビ発生のリスクについて説明してきましたが、他にもニキビを引き起こす原因はあるのでしょうか。もしかすると、何気ない日常生活にもニキビ発生のきっかけはあるかもしれません。食事やスキンケアをきちんとしているのに、ニキビができる…と感じている方は、意外と私生活での身近なものが原因になっていることがあります。

メイク道具の汚れ

メイク道具で使用するパフやブラシ、スポンジなどは肌の皮脂などが付着し汚れが溜まり、菌が繁殖しやすい状態です。メイク道具はポーチにしまいがちですが、密封された空間であるため、さらに菌の増殖を促進させてしまいます。
パフやブラシなどは定期的に洗浄し、風通しの良い場所で保管するように心がけましょう。毎日洗うことが難しいと感じる方も多いと思います。そんな場合は、使用後にティッシュなどで軽くふき取る方法もおすすめです。
近年では、市販でメイクブラシやパフ専用の洗浄液も販売されています。ぬるま湯と専用の洗浄液を用意すれば、誰でも気軽に行うことができるので、ぜひ試してみてください。

シャンプーのすすぎ残し

シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しがあると毛穴つまりの原因になり、ニキビの発生のきっかけになってしまいます。また、ニキビを発生させるだけではなく、ニキビを悪化させるアクネ菌を増殖させてしまう要因にもなるのです。シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しが原因のニキビは特に、こめかみや髪の生え際、頭皮などが発生しやすいといわれています。すすぎ落としのないように注意しましょう。

睡眠不足

眠っている間には、肌環境を保つために必要なホルモンが分泌されています。肌の細胞を修復したり、肌の水分量を調整したりしているのです。このホルモンは、眠りについてから3~4時間すると、活発に分泌されるといわれており、この時間を“肌のゴールデンタイム”といいます。睡眠時間の確保を意識することで、健康な肌を保つ効果を高めることが期待できます。
しかし、寝不足や睡眠の質が下がってしまうと、ホルモンの分泌が十分に行われません。そうすると、肌自身も肌環境の修復ができず、古い細胞が蓄積され、ニキビの原因となっていまいます。また、寝不足自体がストレスとなり、さらにニキビができやすい悪循環に陥ってしまうこともあるため、睡眠時間は十分に確保するように心がけましょう。

ニキビ予防のポイントとは

ニキビを生み出してしまう原因は、私たちの生活環境に溢れています。ニキビが発生する可能性を軽減し、予防する方法をいくつかご紹介します。

ビタミンC・ビタミンEを摂取する

ニキビができてしまう肌はビタミンC・ビタミンEが不足している状態です。ビタミンCを多く含むキウイフルーツやレモン、ブロッコリー、ビタミンEを多く含むアボカドやナッツ類を積極的に摂取しましょう。食事での摂取が難しい場合は、ビタミンC、Eが含まれているサプリメントを飲むこともおすすめです。

肌に刺激を与えない

ニキビは日々のダメージが蓄積されていることも原因のひとつです。毎日使うメイク道具を清潔に保つことや、毎日顔に触れる枕のシーツなどは、小まめに洗濯するようにしましょう。また、洗顔も肌の刺激にならないように、泡洗顔で優しく丁寧に洗うことがポイントです。既にできているニキビは、雑菌により炎症が促進されてしまうため、触れないように気をつけましょう。

十分に保湿を行う

ニキビの発生の大きな原因は乾燥です。肌は乾燥してしまうと、肌自身を守るためにさらに皮脂を過剰に分泌してしまいます。その皮脂が毛穴に詰まり、菌が増殖してニキビを作り出します。肌が十分に潤っていると角質が柔らかくなり、毛穴を詰まりにくい肌環境にすることができます。

紫外線対策をする

紫外線はシミだけではなく、ニキビの原因にも繋がります。肌は紫外線を浴びると、活性酸素が増えます。本来活性酸素は、体を雑菌から守ってくれるものですが、増えると肌細胞を傷つけてニキビを発生させたり、ニキビ跡を消えにくくしたりします。

まとめ

タバコには、ニキビへの影響や肌老化の促進などのさまざまな悪影響を与えると言われています。肌への影響を考慮するなら、喫煙は避け、健やかな肌を目指しましょう。また、ニキビの原因はタバコだけではありません。私たちの日常生活には、ニキビを引き起こす要因はさまざまです。ニキビをケア・予防するために、生活習慣を見直してみませんか?