ニキビについて

そもそもニキビはどうしてできるの?私に合った対策方法って何?
一言に「ニキビ」といっても、原因や種類は様々。
ここではニキビに関するコラムをご紹介します。
ニキビについて学ぶことで自分に合った適切な予防法を知り、美肌をめざしましょう。

ニキビコラム一覧

ニキビ悪化を招く3つのNG習慣

ニキビができてしまった時、みなさんはどんな対処をしますか?
ニキビ対策用のクリームを塗ったり、皮膚科を受診したり。対処方法は、人によってさまざまでしょう。ニキビができてしまったお肌はいつも以上に刺激に敏感な状態です。
なるべく早くニキビを治したいと思う気持ちから、過度なケアをしすぎてはいませんか?
今回は、ニキビ悪化につながるNG習慣をさまざまな面からご紹介します。

①スキンケア編

ニキビができたときのスキンケアにはとくに気を遣うという方は多いでしょう。
「ニキビに刺激にならないように」、「肌をきれいにするために」
ニキビができてしまうと、必要以上にケアの仕方に敏感になります。しかし、ニキビを悪化させないためのケア方法が、もしかすると逆にニキビ悪化につながっていることも・・・。

スキンケアをしないのはNG!

肌への刺激を避けるために、あえてスキンケアをしないという方がいるかもしれません。
ニキビは肌が敏感な状態であることの証ですが、スキンケアをしないと肌乾燥を招いてしまいます。肌が乾燥状態になると肌環境が悪くなり、ニキビ悪化につながる場合があります。ニキビの状態を考えた適切なスキンケアで、肌を保湿してあげることが大切です。

過度な洗顔は避ける

肌を清潔に保つために何度も念入りに洗顔をしすぎると、ニキビを悪化させることがあります。肌を清潔にすることは大切ですが、一日に何度も洗顔をすると必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。肌の乾燥を招き、逆に肌環境を悪くしてしまうのです。洗顔は朝晩1日2回、時間をかけすぎずに行いましょう。

②食事編

忙しい現代人の食生活は、時間に追われて乱れがちです。食生活が乱れると体内の各器官のバランスも乱れて肌の状態に影響します。とくに次のような食生活には注意しましょう。

脂肪分と糖分が多い食事

揚げ物や肉類などの脂肪分が多い食事や糖分が多いスイーツやお菓子の食べすぎは、ニキビを悪化させる可能性があります。皮脂分泌のコントロールが乱れて、肌環境が悪くなってしまう場合があるのです。

ニキビができたときは、体の中に余分な油分をためないことが重要です。栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。とくに、肌に良いとされるビタミン群の摂取がおすすめです。日々の食生活の中に、ビタミンを多く含む緑黄色野菜や果物を積極的にとりいれましょう。

お酒の飲みすぎやカフェインの摂り過ぎ

お酒やカフェインの過剰摂取はニキビとの関連性が高いといわれています。必ずニキビが悪化するというわけではありませんが、ニキビができたときは要注意です。

ニキビ悪化を防ぐためには、食生活を整えて肌サイクルを正常にすることがポイントです。お酒やカフェインへの偏りは避けて、体内の健康維持を意識しましょう。

③行動編

ニキビができると、それを気にするあまりニキビを逆に刺激してしまう行動をしがちになります。ニキビができたときに次のような行動をしている人は、要注意です!

ニキビを潰す

ニキビを早く治すために潰すという人も多いかもしれませんが、避けたほうが良いです。ニキビの種類によっては潰したほうが早く治るともいわれますが、無理に潰すと跡が残ったり悪化したりする場合があります。ニキビは、触るだけでも刺激となりダメージを受けやすい肌状態です。ニキビは無理に潰さず、治らないときは皮膚科を受診しましょう。

マスクや前髪でニキビを隠す

ニキビができた際、ニキビを隠すためにマスクをつけたり前髪で隠したりすると、ニキビ悪化につながることがあります。マスクや前髪は、肌とこすれて摩擦になります。ニキビへの刺激となり、肌がかゆくなったり炎症を起こすきっかけになる場合があるのです。ニキビができている肌は、とくに敏感な状態です。ニキビへの刺激になることは、できるだけ避けましょう。

厚塗りのファンデーションでニキビを隠す

ニキビを隠すための手段として、ファンデーションは定番の方法です。しかし、ファンデーションのやり方によってはニキビ悪化につながることがあります。例えば、油分が多すぎるファンデーションを使っていたり、パフが汚れていたり、ニキビを隠そうと厚く塗りすぎていたりなど。ニキビのうえにファンデーションをのせる場合は、ニキビへの刺激を考慮しましょう。

まとめ

ニキビができると、早く治そうといつも以上に気をつけて生活を送る方は多いでしょう。しかし、ニキビを気にするがゆえについついニキビ悪化につながる行動をしてしまいがちです。
ニキビは、肌環境が乱れているサインです。ニキビの状態に合わせた適切な対処をしましょう。